・鑑定書、グレーディングレポートのお話。

鑑定書(グレーディングレポート)とは、ダイヤモンドにだけ一石ずつ発行され、天然のダイヤモンドのランク付けとそのダイヤモンドの形状などの特徴を克明に書きこんだもので、具体的にはダイヤモンドの大きさ、カラー 、クラリティ 、カット の全てのグレード、寸法、プロポーションなどを細かく記載した総合評価の証書を指します。

鑑定は、ダイヤモンドをリング等のジュエリーに加工する前に、必ずルース(裸石)の状態で第三者の鑑定機関により鑑定が行われます。ただし、ピンクダイヤモンドなど特殊な場合を除き、小さなダイヤモンドや鑑定を必要としない低グレードの石に鑑定書が発行されることは事は殆どありません。

しかし、鑑定書がないからと言って悪いダイヤモンドという事はありません。鑑定書があっても無くても、それぞれ美しいダイヤモンドと品質の悪いダイヤモンドが存在します。当社は鑑定書の無い小さなダイヤモンドでもGIA鑑定基準の4C
を厳しくチェックし美しいダイヤモンドのみを選定しています。

通常、上記以外のダイヤモンドやエタニティリングなどのような複数のダイヤモンドを使用している品物やダイヤモンド以外の宝石類は鑑定書ではなく鑑別書を作成します。鑑別書はお客様の意向で作成依頼をするので、お客様が不要と判断されれば鑑別書を作成しない場合も多くございます。

鑑定書(グレーディングレポート)
鑑定書(ダイヤモンドグレーディングレポート)

詳しいダイヤモンドの4Cについては下記ページで解説を致しております。

・鑑別書のお話。

鑑別書は鑑定書(ダイヤモンドグレーディングレポート)ではありません

鑑別書とは、ダイヤモンド、サファイア、ルビーなどのすべての宝石を対象としていています。鑑定書と違う点として、鑑別書は宝石の種類と天然か人工的なものかどうかなどを記載した物で簡単に言うと宝石の証明書です。鉱物名や宝石名、重量や寸法などは示されていますが、その宝石の価値を決める物ではありません。そのためダイヤモンドの鑑別書であってもカット、カラー、クラリティの「グレード評価」は行われません。

鑑別書に示されていることは、宝石が本物かどうかです。本物であれば「天然○○」と記入されています。また、その宝石には人工的な処理が施されているか、もしされているのなら、どのような処理なのか、さらにはその宝石の硬度、比重、屈折率、偏光性、多色性、蛍光性、分光特性などが記入されています。

・ソーティングのお話。

ソーティングペーパーの説明図
鑑定がわれたダイヤモンド1石に対して1枚のソーティングが発行される

ソーティングとは、鑑定機関がダイヤモンドを1石ずつ鑑定した上で発行した書類で、主に業者間取引で使用されています。ダイヤモンドのカット画像やプロポーション等の細かい数値の記載はありませんが、カラットとカラー、クラリティ、カット、蛍光性、サイズなど、それぞれのグレーディングは示されており実質鑑定書と同じものです。鑑定書の作成はソーティングをもとに発行されます。画像に表示されている番号は次の内容になります。

  1. レポート番号
  2. カラット(重量)
  3. カラーグレード
  4. Color Origin(天然石はNATURALと表記される)
  5. クラリティグレード
  6. カットグレード
  7. 寸法
  8. 蛍光性
  9. 3EX H&Cなどの特記事項
  10. 鑑定機関名称
  11. QRコード
  1. レポート番号
  2. カラット(重量)
  3. カラーグレード
  4. Color Origin(天然石はNATURALと表記される)
  5. クラリティグレード
  6. カットグレード

7.寸法
8.蛍光性
9.3EX H&Cなどの特記事項
10.鑑定機関名称
11.QRコード
※中央宝石研究所鑑定

・鑑別書(ソーティングデータレポート付き)のお話

当社エタニティ(Eternity)では、ソーティングペーパー付きのダイヤモンドを使用してエタニティリングを作成された場合(以下リンク先の事例をご覧ください)には、ソーティングペーパーをお渡ししています。また、お客様が希望される場合には、別途料金はかかりますが、中央宝石研究所発行の鑑別書(ソーティングデータレポート付)を作成依頼しお渡しすることもできます。 

13個のダイヤモンドの(株)中央宝石研究所のソーティング・ペーパー
13個のダイヤモンドの(株)中央宝石研究所のソーティング・ペーパー

・まとめ

鑑定書は、ダイヤモンド一石ごとに鑑定が行われ4Cと各グレード、プロポーション、レポート番号、カット画像などが示されたダイヤモンドの評価証明書です。

鑑別書は、ダイヤモンドだけでなくすべての宝石に対して鑑定が行われる証明書です。ただし、評価はされず、宝石が本物かどうか、人工的な処理が施されているか、もしされているのなら、どのような処理なのかなどが示されたものです。

ソーティングペーパーとは、鑑定機関がダイヤモンドを一粒一粒鑑定した上で発行した書類で、主に業者間取引で使用されています。鑑定書と実質同じものですが、鑑定書(グレーディングレポート)とは違い、塩ビ袋に貼っているだけの為に見た目は大きく異なります。

中央宝石研究所の鑑定風景
中央宝石研究所の鑑定風景
中央宝石研究所のカラー鑑定
カラー鑑定(中央宝石研究所)

お問合せフォーム

    お名前 (必須)

    メールアドレス (必須)

    メールアドレス 確認用(必須)

    電話番号(任意)

    郵便番号(〒の入力は不要です・任意)

    住所(任意)

    お問合せ種別 (必須)

    商品について納期についてオーダーメイドについてリフォームまたは修理についてリングゲージ無料レンタルその他

    参考資料(任意)

    3Mバイトまで 、jpg,png,gif形式の画像が添付可能です。オリジナルイメージや写真などをお持ちの場合添付してください。

    お問合せ内容 (必須)