ダイヤモンドへのこだわり

お客様の為にこだわる。最高の輝きで、おもてなし。

一般的に4Cだけを輝きの基準としてダイヤモンドを扱い強調するお店がほとんどですが、輝きの要素は4Cだけでは決められません。同じグレードでも、輝きの美しいものとそうではないものが存在します。この点は、ダイヤモンドを選ぶ上でとても重要なポイントになりますので、ご存知なければ最後までご覧ください。

グレードの評価はグレーディングレポート(鑑定書)によりますが、そこには、インクルージョンのある位置まではうたわれていません。ダイヤモンドの輝きに影響する場所にインクルージョンがあったとしても、クラリティの基準を満たしていれば、宝石の評価基準とされている4Cの評価には影響がありません。つまり、鑑定上では同じグレードであっても、インクルージョンが多いものと少ないものやインクルージョンの位置が悪い物があり、輝きの美しさに差が出てしまうのです。

分かり易く例えるなら、同じ大きさのインクルージョンがダイヤモンドのテーブル面中央のど真ん中に位置する石とテーブル外の端にある石では、どちらが美しいか簡単に想像ができると思います。如何でしょうか?そうであるからこそ当社エタニティでは、「美しいダイヤモンドをお届けしたい」との想いから4Cだけの評価だけではなく、輝きに重点を置いてダイヤモンド選びを行っています。

インクルージョンとは?

先ほどのインクルージョンという言葉についてご説明いたします。インクルージョンとは、簡単にいえば「キズ」のことで「内包物」とも呼ばれ宝石の結晶体になる成長過程で取り込んだ不純物や気体のことを指し、結晶の成長過程で圧縮されてできる鉱物の地層のようなモノの事も含まれます。また、ダイヤモンドは炭素の結晶なので黒くゴマのようなキズを含んでいる場合もあり、この黒いものは炭素でカーボンと呼ばれます。当然のことながら、どのような宝石でもインクルージョンの少ないものは高価であり、多いのものは安価なものとなります。一部インクルージョンの存在しないダイヤモンドもございますが、インクルージョンは天然石の証もあり大きさは様々でも必ず存在する物とお考え頂けましたらと思います。

直径1mmの小さなダイヤモンドでも、同じ4C基準でこだわります

一般的には0.1Ct前後からそれ以下のダイヤモンドには鑑定をする事が無く正確な4Cで評価をする事が出来ません。エタニティではエタニティリングやクロスペンダント、テニスブレスレットなど複数の石を使う製品の鑑定書の発行ができないダイヤモンドでも同じく中央宝石研究所及びGIAのグレーディング基準に基づいて厳しい選定を行っています。WEB注文の場合でも詳しくご案内をさせて頂き安心してご注文頂けるように務めさせて頂いており美しいダイヤモンドの輝きをお約束致します。通常は10倍の拡大ルーペの検査規定がございますが、エタニティでは20倍ルーペを基準とし直径1mmの様な小さなダイヤモンドでも厳しい基準を設け、ルーペで1点1点確認し4C基準で厳選致しております。エタニティの厳選されたダイヤモンドは必ず美しい輝きをご堪能頂けます。

ダイヤモンドの4Cとは?

ダイヤモンドの4Cとはダイヤモンドの個性とも言えるカラット、カラー、クラリティ、カットのことで、それぞれの英語の頭文字をとって、4Cと呼ばれています。この4つのバランスが優れているものほど、高く評価され​GIA(米国宝石学協会)のダイヤモンドグレーディングが世界基準となっています。そして、ここでもっとも注意したいのは、先ほども述べましたが、ダイヤモンドの美しさは、4Cの評価だけで決まるものではないということ。4Cだけの数値では測りしれない様々な魅力があるからです。当社では、エタニティリングなど鑑定書の発行をできないダイヤモンドでも、中央宝石研究所及びGIAのグレーディング基準に基づいて厳しい選定を行っています。またレポートについては、GIA及び中央宝石研究所のみを採用しておりB級鑑定機関の取り扱いは一切ございません。

GIA(米国宝石学会)とは

GIAは世界最大で最も広く認められている非営利の宝石学研究・教育機関です。世界共通のダイヤモンド鑑別・鑑定基準として知られる4Cとインターナショナル ダイヤモンド グレーディング システム™ の開発をしたのもGIAです。

さらに、GIAは世界で最も定評ある小売業者、博物館、オークションハウス、そして個人収集家に至るまで、 宝石の評価における完全・公平かつ科学的な情報の重要性を認識する人々にとって、絶対的に信用できる情報源ともなっています。

ハートアンドキューピッドと蛍光性のチェック

・「ハートアンドキューピッド(H&C)」

天然ダイヤモンドと定義する上で唯一人の手が加わる部分がカッティング工程です。数多くあるカット形状の中でもラウンド・ブリリアント・カットで光学的理論的にも最高の輝きが得られるように計算し考案されたカットは、正しいプロポーションと丁寧なフィニッシュ(シンメトリーとポリッシュ)が施されると素晴らしい輝きが得られます。

プロポーションが数字で評価されるのに対してシンメトリー(対称性)は感覚的な基準です。その基準を理解することはダイヤモンドディーラーであっても困難なことであったため、ダイヤモンドからの光の反射像を調べる方法が考えられました。それが一般消費者にも理解し易く、画像を用いてシンメトリーが整っているのを見せる宝石鑑定機関の中央宝石研究所の「ハート&キューピッド™」に発展しました。

ハート&キューピッドの名前の由来はパビリオン側に映し出された8つのハートパターンとクラウン側に見える8本のアロー(矢)パターンから名付けられています。あくまでも視覚的な対称性を伴った現象ですが、光学的に考えてもこのパターンが出現するダイヤモンドの光学的な対称性はかなり高いと言えます。

・「蛍光性について」

天然のダイヤモンドの中には、紫外線など肉眼で見えない特殊な光を当てると蛍光を発する石があります。ダイヤモンドは炭素の集結で生成されますが、その過程で窒素や水素など他の不純物が混じり合って結晶となることがあり、この炭素以外の物質が紫外線に反応することで蛍光が起こります。グレーディングレポートにある「蛍光性」は、そのダイヤモンドが特殊な光源下で放つ蛍光の色調や強さを示しています。

基本的に蛍光性は4Cの品質とは関係無くダイヤモンドの価値に影響はしないとされていますが、蛍光性の強い石は避けられる傾向にあり価格も安くなるのが現実です。

エタニティではダイヤを選定する際には、最終的な検査としてブラックライトによる蛍光性の検査を致しておりますので基本的に蛍光性の強い石は選びません。しかしながら、天然石の為に、全て完全なNoneを揃える事は難しい為に「Faint ~ None」の範囲で選定致しております。