エタニティのダイヤモンドへのこだわり

お客様の為にこだわる。最高の輝きで、おもてなし。

何よりもダイヤモンドにこだわっています

一般的に4Cだけを輝きの基準としてダイヤモンドを扱い強調するお店がほとんどですが、輝きの要素は4Cだけでは決められません。
同じグレードでも、輝きの美しいものとそうではないものが存在します。
この点は、ダイヤモンドを選ぶ上でとても重要なポイントになりますので、ご存知なければ最後までご覧ください。

グレードの評価はグレーディングレポート(鑑定書)によりますが、そこには、インクルージョン(内包物)についてのことはうたわれていません。ダイヤモンドの輝きに影響する場所にインクルージョン(内包物)があったとしても、その位置は宝石の評価基準とされている4Cの評価には影響がありません。
つまり、鑑定上では同じグレードであっても、インクルージョン(内包物)が多いものと少ないものがあり、少なければ輝きの美しいものとなるのです。

そうであるからこそ当社エタニティでは、創業から「美しいダイヤモンドをお届けしたい」との想いから4Cだけの評価だけではなく、輝きに重点を置いてダイヤモンド選びを行っています。さらにはお客様の望んだイメージをカタチにするため完全予約制でオーダーメイド制作を承っております。

インクルージョンとは?

先ほどのインクルージョンという言葉についてご説明いたします。
インクルージョンとは、簡単にいえば、「キズ」のことです。「内包物」ともいいます。
宝石の結晶体になる成長過程で取り込んだ不純物や気体のことを指します。ダイヤモンドは炭素の結晶なので黒くゴマのようなキズを含んでいる場合もあり、この黒いものはカーボンと呼ばれます。
当然のことながら、どのような宝石でもインクルージョンの少ないものは高価であり、多いのものは安価なものとなります。

直径1mmのダイヤモンドでも同じ4C基準でこだわります

一般的には0.1Ct前後からそれ以下のダイヤモンドには鑑定をする事が無く具体的な4Cで評価をする事が出来ません。
エタニティでは、エタニティリングやクロスペンダント、メインの石の他に使うメレダイヤなど鑑定書の発行ができないダイヤモンドでも同じく中央宝石研究所及びGIAのグレーディング基準に基づいて厳しい選定を行っています。

また、お店では、お客さまにダイヤの中まで専用のスコープで見ていただき、輝きを確認してご購入いただいております。通常は10倍の拡大ルーペの規定がございますが、エタニティでは20倍ルーペを基準としています。

直径1mmのダイヤモンドでも、どんなに小さなダイヤモンドでも厳しい基準を設け、ルーペで1点1点確認し、4段階のグレードに分けてご提案しています。エタニティの厳選されたダイヤモンドは、サイズは小さくとも強く美しい輝きが特徴です。

ダイヤモンドの4Cとは?

ダイヤモンドの4Cとは、GIA(米国宝石学協会)のダイヤモンドグレーディング基準の事をいいます。
ダイヤモンドの個性とも言えるカラット(重量)、カラー(色)、クラリティ(透明度)、カット(全体的な形のバランスと研磨の仕上げの状態)のことで、それぞれの英語の頭文字をとって、4Cと呼ばれています。この4つのバランスが優れているものほど、高く評価されます。​

そして、ここでもっとも注意したいのは、先ほども述べましたが、ダイヤモンドの美しさは、4Cの評価だけで決まるものではないということ。4Cだけの数値では測りしれない様々な魅力があるからです。
当社では、エタニティリングなど鑑定書の発行をできないダイヤモンドでも、中央宝石研究所及びGIAのグレーディング基準に基づいて厳しい選定を行っています。またレポートについては、GIA及び中央宝石研究所のみを採用しておりB級鑑定機関の取り扱いは一切ございません。

GIA(米国宝石学会)とは

GIAは世界最大で最も広く認められている非営利の宝石学研究・教育機関です。
世界共通のダイヤモンド鑑別・鑑定基準として知られる4Cとインターナショナル ダイヤモンド グレーディング システム™ の開発をしたのもGIAです。

さらに、GIAは世界で最も定評ある小売業者、博物館、オークションハウス、そして個人収集家に至るまで、 宝石の評価における完全・公平かつ科学的な情報の重要性を認識する人々にとって、絶対的に信用できる情報源ともなっています。

ハートアンドキューピッドと蛍光性のチェック

数多くあるカット形状の中でもラウンド・ブリリアント・カットは光学的理論で最高に輝きが得られるように考案されたカットで、正しいプロポーションと丁寧なフィニッシュ(シンメトリーとポリッシュ)が施されると素晴らしい輝きが得られます。

プロポーションが数字で評価されるのに対してシンメトリー(対称性)は感覚的な基準です。その基準を理解することはダイヤモンドディーラーであっても困難なことであったため、ダイヤモンドからの光の反射像を調べる方法が考えられました。

それが一般消費者にも理解し易く、画像を用いてシンメトリーが整っているのを見せる宝石鑑定機関の中央宝石研究所の「ハート&キューピッド™」になります。このハートアンドキューピッド(H&C)についても全石チェックをしております。

「蛍光性について」

ダイヤを選定する際には、最終的な検査としてブラックライトによる蛍光性の検査を致しておりますので基本的に蛍光性の強い石は選びません。
しかしながらエタニティリングに使うメレダイヤは使用する数が多く、全て完全なNoneを揃える事は難しい為に「Faint ~ None」の範囲とさせていただいております。