・もくじ

  1. エタニティリングとは
  2. フルエタニティリングとは
  3. ハーフエタニティリングとは
  4. フルとハーフについて疑問に思うことなどの解説
    4-1.フルエタニティリングはサイズ直しができないって聞いたのですが本当ですか?
    4-2.フルエタニティリングは、他の指輪と比べるとダイヤモンドが取れやすい?
    4-3.結婚指輪と婚約指輪を兼用にしてハーフエタニティリングだけでもいいの?
    4-4.フルエタニティとハーフエタニティの値段に差がありますか?
    4-5.ハーフエタニティリングのダイヤモンド数は半分?
    4-6.エタニティリングの指輪サイズは全サイズ揃っていますか?
    4-7.普段使いならダイヤモンドをぶつける心配があるので、ハーフエタニティリングのほうがいいのですか?
    4-8.ダイヤモンド(石)が外れにくいデザイン(石留)とは?
    4-9.エタニティリングのリングカラーはどんな色がありますか?
    4-10.オーダーメイドならどのようなデザインでも作成できるのですか?
    4-11.ハーフエタニティリングは隣の指の邪魔にならない気がする
    4-12.やはりサイズ直しが心配
    4-13.その他注意点
    4-13-1.ホワイトゴールドについて
    4-13-2.ダイヤモンドは衝撃には弱い。親油性もある
    4-13-3.エタニティリングのダイヤモンドには鑑定書がつかない
  5. まとめ

1.エタニティリングとは

エタニティとは英語で「eternity」と書き、「永遠」を意味します。当社エタニティの社名はまさにここからきています。

エタニティリングとは、リング全周が永遠と途切れなくダイヤモンドが飾られている指輪のことで、この輝きが途切れない事から愛が永遠に続くというキャッチフレーズと重なり、「永遠の愛」を意味する指輪として結婚指輪や婚約指輪の中でも「普段使いにもできるエンゲージリング」、「豪華な印象のマリッジリング」として、一番人気となっています。

エタニティリングには、大きく分けてフルエタニティリングとハーフエタニティリングの2種類があります。石が全周に入っているリングを「フルエタニティリング」、半周程度石が入っているリングを「ハーフエタニティリング」と呼び、当社エタニティでは、全体の4/3程度に石を入れた「フルエタニティ」に見えるハーフエタニティリングが大変人気となっています。

フルエタニティリング
フルエタニティリング
ハーフエタニティリング(4分の3モデル)
ハーフエタニティリング(4分の3モデル)

※当社のハーフエタニティリングは全体の4分3ハーフモデルの為に一般的なハーフとは少し違い、フルエタニティに見えるハーフエタニティとして大変に注目が高く人気です。

2.フルエタニティリングとは

フルエタニティリングの特徴は何と言っても、ダイヤモンドが連なりリング一周を飾っている点にあります。そのため指輪がくるりと回転してもどの角度からでも輝くダイヤモンドが見えます。

傍から見てもたくさんのダイヤモンドがキラキラと輝いていますので、ゴージャスな、煌びやかな、はなやかな 、 デラックスな、などの形容動詞がピッタリです。

ハーフエタニティと比較すればダイヤモンドが多い分お値段は高くなりますが、ハーフエタニティといってもダイヤがフルエタニティリングの半分とは限りませんので、それほど違わない場合もあります。

3.ハーフエタニティリングとは

ハーフエタニティリングは、一般的にはダイヤモンドなどの宝石の占める割合がフルエタニティのおおよそ半分ですが当社エタニティでは4/3モデルが主流でご好評頂いておりますフルエタニティとは違い手のひら側は地金の部分がありますので、フルエタニティに比べるとサイズ直しが容易という利点もあります。

当社エタニティではハーフタイプの場合4/3モデルが一番バランス良く見える為に一番のお勧めで定番になっておりますが、ご要望により石の数を変更する事も可能です。

婚約指輪と結婚指輪の兼用でお選び頂く方が多く、普段使いから楽しめるリングとして人気です。

4.フルエタニティリングとハーフエタニティリングについて疑問に思うことなどについて解説

それでは、この項目からジュエラーとして30年経験してきた中でお客様からいただいたご質問やみなさんに知っていただきたいことを取りあげて解説します。

4-1.フルエタニティリングはサイズ直しができないって聞いたのですが本当ですか?

一般的にはフルエタニティリングは、リング全体に石が入っている為にサイズ直しができません。確かにフルエタニティリングはこの様なリングの構造上、リングサイズを小さく直す事は絶対にできません。しかし、リング内側を研磨し、サイズを大きく調整する事は可能なのです。

一般的なエタニティリングはコストを抑える為に海外での大量生産が多くリング自体が薄く軽く作られていますので研磨に堪えられずサイズ変更はできませんが、当社のエタニティリング強度ををしっかり取って制作しますので納品後の0.5~1号程度のサイズアップはリング内側を研磨しサイズを調整する事が可能です。※ただし、注文時に希望された制作状況により出来ない場合もあります。

ただし、購入時より2号も3号もサイズが変わってしまったら、当社エタニティの製品でも流石に、これだけ大幅なサイズ直しはできません。その様な時は、リングの作り直しをご検討下さい。ダイヤモンドを丁寧に外し、サイズを合わせた新しいリング台を制作して新たなエタニティリングに生まれ変わらせる事ができます。製作費はそれなりに必要となりますが、新たに購入するより遥かに安い費用で制作可能です。その際に、違うデザインやハーフタイプに変更するなど気分も新たに再スタートをしては如何でしょうか?

・サイズアップはどのように行うの?

ではここで、一般的にはサイズアップはどのようにして行うのか、ご存知でしょうか。サイズアップをするにはリングを切断し、そこに新たに同じ素材の地金を足して溶接し形状を整えて研磨をし仕上げます。

下記の動画では普段目にすることのないサイズアップの作業風景を見ることができます。動画解説は英語ですが、プラチナ950のリングをどのようにしてサイズアップをされるかよくわかります。

映像のダイヤをピンセットでつついている場面は、石の緩みをチェックしています。また磁石のシーンは、プラチナや金は磁石に着かないので磁石に反応する物は模造品という意味です。ただし、真鍮など磁石に反応しない金属もあります。

4-2.フルエタニティリングは、他の指輪と比べるとダイヤモンドが取れやすいですか?

フルエタニティリングはダイヤモンドが取れやすいと考えてしまう方も多いのですが、当社製品にそのような事は絶対にありません。確かに、格安ショップで販売されている既製品はすぐに石が外れてしまうリングが多くございますが、造りが雑だったり爪が細かったり短かったりなど構造上、品質の問題によるものです。

ただし、強度や着け心地を重視した当社の製品でも、頻繁にある事ではありませんが、日常の積み重ねでリングのゆがみや石の緩みが生じてしまい時には石が外れてしまう場合もございます。あくまでも人それぞれで体質によりリングが歪み易い人や生活環境、ご使用中の不注意など様々な要因がございます。しかし、全く異状なく何年もそのままご愛用頂いている方が大半で必ず不具合が生じる訳でもございません。

その為に、当社では納品の際に、以上の説明と時には点検をして頂き、万が一、宝石の緩み等が発見されましたら宝石が外れて紛失する前に、ご使用を中止して修理の依頼を頂く様に案内をしています。

【参考】当社エタニティでは全ての製品で、宝石の紛失による修理は宝石代金のご負担をお願い致しておりますが、石が紛失せずに残っている場合は特に修理代金は頂いておりません。ただし、リングの修復が必要な場合など破損状況により修理代金が必要な場合もございます。

・なぜ指輪は歪む?

 

なぜ指輪が歪むのか、確かな原因を特定する事はできませんがリングの歪みは重いものを持ったり、リングサイズが合って無かったりと様々な要因でリングが歪む場合がございます。中には自転車のブレーキを握ったり、カラオケで熱唱するあまりマイクを握る手に力が入りリングを歪めてしまったなどの話をお伺いした事がございます。日常の生活の中では様々な要因があり、目で確認できないような、爪の緩みやリングの歪みであっても日々積み重なる事で、石の緩み等に繋がる事がございます。

ダイヤモンドは硬く、当社製品は強度を考え十分な地金を使用し丈夫に制作を致しておりますので、もちろん着けっぱなしでも構いません。しかし硬く重い物を持つ機会が多い場合や、何かを強く握りしめるスポーツや運動などはリングや石へのダメージも大きくなりますので、リングへのダメージが容易に考えられる場合や家事の際は外すなどご使用方法を工夫されるとリングのダメージやトラブルも少なくなりますので考慮される事をお勧め致します。

4-3.ハーフエタニティリングを結婚指輪と婚約指輪の兼用にしてもいいの?

結婚指輪と婚約指輪は、違うものにしないといけない決まりはございません。実際に結婚指輪と婚約指輪を兼ねてエタニティリングを選択する方もいらっしゃいます。

また男性は、シンプルなストレートラインやオーバルデザインを選択、女性はハーフエタニティ。男性も女性と同じハーフエタニティリングを選択される男性もいらっしゃいます。結婚指輪といっても固く考える必要はございません。自由に飽きの来ないオシャレをお楽しみください。

4-4.フルエタニティリングとハーフエタニティリングの値段の差はあるの?

同じグレード、同じ大きさのダイヤモンドを使用した場合には、ハーフエタニティリングのほうがダイヤモンドが少ない分、一般的には安くはなりますが使用するダイヤモンドが小さい場合などは地金を多く使用する事もあり、殆ど金額が変わらない場合もございます。

また、当社ハーフエタニティリングは、4/3モデルを推奨致しておりますので、石の数が大幅に変わらない為に価格差も小さくなる傾向です。

もちろんオーダーメイドですので、お客様のご要望により石の増減はお好みでお選びいただけます。

4-5.ハーフエタニティリングのダイヤモンド数は半分なのですか?

・「一般的なハーフエタニティリング」

一般的にハーフエタニティリングと言えば、全体の半分にダイヤモンドが入っているデザインを思い浮かべるとおもいますが、必ずしもそうではありません。確かに、半分の物も多くありますが、半分にも満たないリングも沢山ございます。

好みは個人差がございますので、一概に言えませんがリング全体のバランスを考えると如何でしょうか?エタニティリングと呼ぶには寂しく全体的なバランスも悪く綺麗に見えないと私は思います。

0.1x10石・一般的なハーフエタニティリング
0.1Ctx15石・4/3モデルハーフエタニティリング

・「当社エタニティの3/4ハーフエタニティリング」

如何でしょうか?全体の3/4程度にダイヤモンドが入るバランスの場合、全体のバランスも良く非常に綺麗に見えると思います。

他にも大きな理由がございます。手は常に動きがあり、指を常に閉じている訳ではありません。手を開いた際など指の隙間に見えるダイヤがあるのと無いのでは大きな違いがございます。

それに、指輪は常に同じ正面の位置で留まっているとは限りません。時には指輪が回って石の入っていない部分が上側に出てきてしまう場合もございます。

ダイヤモンドが半分しか入っていない物に比べて3/4ハーフタイプは、リングの形、バランス全てにおいて形が整っていて綺麗です。この辺りは、高級感や満足度にも必ず影響すると思います。当社ではフルエタニティリングに見えるハーフエタニティとして大変人気を集めております。

4-6.エタニティリングの指輪サイズは全サイズ揃っていますか?

一般的なショップやネット通販の既製品においては、フルエタニティリングもハーフエタニティリングも含めてすべてのデザインで、すべてのサイズを用意する事はできません。またサイズも0.5刻みでなくなく1~2サイズ単位でのショップもありますから、自分のサイズに合わせるために、デザインや、品質、ダイヤモンドの大きさなどいずれかで妥協することになります。

当社エタニティは、全てお客様のご要望に合わせてオーダーメイドで制作を致しますので、ダイヤモンドのサイズ選びからリングサイズまで全てご希望通りにお創り致します。特にリングサイズは0.5号単位で良くご指定を受けますが「少し大きめや少し小さめ」など細かいご指定もお受け致します。

4-7.普段使いならダイヤモンドをぶつける心配があるので、ハーフエタニティリングのほうがいいのですか?

フルエタニティリングは「手のひら側の石がぶつかりやすい」という事をデメリットと感じるかも知れませんが、手の甲側でも同じようにぶつかったり擦れたりしますので、リングのダメージを考えるならばフルエタニティリングに限った事ではなく全てのジュエリーにおいて手作業が多いときには注意が必要です。

また、ダイヤモンドは硬い石なので余り気にする必要はありませんが、硬いダイヤモンドでも当たりどころが悪いと欠けたり割れたりする場合もあるので、容易にダメージが考えられるときは、外して作業をする事をお勧め致します。デメリットと感じてもやはりフルエタニティリングリングの華やかさに勝るものはありませんので、ここはデザインの好みでお選び頂くと宜しいかと思います。

4-8.ダイヤモンド(石)が外れにくいデザイン(石留)とは何留めになりますか?

リングに石を固定する技法を石留といい、いくつかの技法がございます。爪留め、パヴェ留め、レール留め、フクリン留めなどがあります。また爪留めには共有爪や4本爪留めなどがございます。

※ 石留めについての詳細は、下記のページをご覧ください。

4-9.エタニティリングのリングカラーにはどんな色がありますか?

一般的なエタニティリングの素材には、プラチナ950、プラチナ900、イエローゴールド、ピンクゴールド、ホワイトゴールドなどがあります。

※ 素材選択については下記の記事に詳細がございます。

4-10.エタニティリングのオーダーメイドですと、どのようなデザインでも作成できるのですか?

デザインは無限大です。お客様の想いを形にします。例えば、同じフルエタニティリングでもカラーダイヤや誕生石などと合わせMIXカラーで制作する、石の大きさや形、グレードなど全てお客様の想い通りに制作致します。

また、デザイン面ではデザイナーから提案をさせて頂くとともに、お客様のご希望やアレンジを取り入れて新たなデザインを生み出すこともできます。手書きのスケッチや雑誌の切り抜きからアレンジを加えて制作をする事も多くございます。

・下記フォームからお気軽にお問合せください

4-11.ハーフエタニティリングは隣の指の邪魔にならない気がしますが、どうですか?

ハーフエタニティリングはダイヤモンドなどの宝石が少ないので、フルエタニティよりもそのように感じられるでしょうが、そのようなことはありません。ダイヤがあっても無くてもフルエタニティリングとの厚みは変わりません。ダイヤの入っていない部分が薄く作られているなら別ですが、そうでなければどちらも変わりません。

また、ダイヤモンドがリングより大きくせり出していれば隣の指の邪魔になりますが、そもそもそれほどのダイヤであるならば、エタニティリングには向いていません。ですから隣の指の邪魔にほどのことはありません。

手のひら側に限って言えば、ハーフエタニティリングはダイヤモンドがない分、普段使いには向いています。

4-12.やはりサイズ直しが心配

エタニティリングで一番多い相談はサイズ直しの事です。「3-1」でも触れましたが、一般的にはフルエタニティリングはサイズ直しができません。

サイズを小さくするには、リングを作り変えるしかありませんが、当社のエタニティリング強度ををしっかり取って制作しますので納品後の0.5~1号程度のサイズアップはリング内側を研磨しサイズを調整する事が可能です。※ただし、注文時に希望された制作状況により出来ない場合もあります。

ハーフタイプの場合はサイズ直しは比較的容易に可能ですが、大幅なサイズ直しはお勧めできません。出来なくはありませんが、小さくする場合は石の座が広がり、大きくすると間隔が狭まります。つまり大幅にサイズを直すと、小さくする場合は石と石の隙間が広がり石の緩みが発生し易くなり、大きくする場合は石と石の間隔が狭くなり石同士が当たり割れや欠けに繋がる可能性が大きくなってしまいます。

この様な理由から大幅なサイズ直しはリング自体にも負担が大きく破損の原因にもなりますので、たとえハーフタイプでも変更幅は1~2号以内に収めるのが理想です。

4-13.他にエタニティリングの注意点ありますか?

他に注意事項は、下記の3点ほどございます。

4-13-1.ホワイトゴールドについて

リング素材で選択できるものとして、ホワイトゴールド(WG)がございます。こちらは、18Kで、金が75%、他にパラジウムなど混ぜている合金です。また白く見せるためにロジウムメッキが施してあります。そのため使い方や年数によりますが、メッキが剥げてくることがあります。ですが、磨いてメッキをかけ直せばほぼ元通りにはなりますのでそれほど心配はいりません。

4-13-2.ダイヤモンドは衝撃には弱い。親油性もある。

この項目はダイヤモンドのお取り扱いについてお伝えします。

ダイヤモンドは、固いというのを耳にされたことがあるかと思います。このことは事実ですが、それはたたいても割れない固さではなく、ひっかき傷に強い「モース硬度」のことを言います。ダイヤモンドのモース硬度は10なのでルビーやサファイア(どちらもモース硬度は9)などの他の鉱物よりも固いのです。これは、先ほども述べましたが、「ひっかき傷」に強いことを表しています。

しかしダイヤモンドは衝撃には弱いのです。その証拠に金づち等で叩けば簡単に砕けてしまいます。ですので、エタニティリングを着けたときにはこの点に注意しましょう。

もうひとつダイヤモンドの特徴としては『親油性がとても高い』ことが挙げられます。そのために脂が付着しやすいです。その為に指でちょっと触っただけでも脂が着いてしまいますから、そうなりますとダイヤモンドが本来持っている輝きが損なわれてしまいます。それを本来の輝きに戻すにはダイヤモンドのクリーニングをしてあげることが必要です。

4-13-3.エタニティリングのダイヤモンドには鑑定書がつかない

世界的な鑑定機関であるGIA(アメリカ宝石学会)では、ピンクダイヤなど特殊なダイヤモンドを除き鑑定を受ける条件として0.15カラット以上が提出基準とされており、小さなダイヤモンドに鑑定を行う事はありません。複数石を使用したエタニティリングは1石あたりの石が小さい為にこの基準以下になります。株式会社中央宝石研究所では、小さくても提出することができますが、エタニティリングに使うダイヤ全石受ける必要が出てきます。そうしないと意味がないからです。

たとえば全22石のエタニティリングならば22個の裸石のダイヤモンドを提出し、22枚の鑑定書を作成していただくことになります。その鑑定費用は一粒あたりで計算されますので、それだけでも15万円以上になってしまいます。その費用も結局は価格に上乗せとなりますのでエタニティリングは高額になり非常に不経済です。こうした点から鑑定書が付いていないのです。

このようなことから、どのようなメレダイヤのランクを使のか、そしてランクは同じでもその中からさらに輝きの良いものを選別して使うのかはショップの方針次第です。つまりエタニティリングのダイヤモンドは通常のダイヤモンドとは分けて考える必要があるのです。

※ 当社のキラキラと輝く「上質なこだわりのメレダイヤ」の詳細については下記のページでご確認いただけます。

※ 同じエタニティリングでも、1石0.15Ct位の大きさになりますと全石ソーティング付きで揃える事も可能となります。この場合は、鑑定書ではなく鑑別書(ソーティングデータレポート付)なら有料となりますが、作成する事が可能です。

※ 鑑定書と鑑別書、ソーティングの違いについては、下記のページをご覧ください。

5.まとめ

いかがでしたでしょうか。永遠という名のエタニティリング。ゴージャス、煌びやか、はなやか 、 デラックスなどの形容動詞が似合うフルエタニティリング。少し控えめなハーフエタニティリング。それ以外に当社のオーダーメイドならば、4分3や5分の4など自在なハーフを製作する事も可能です。

一般的には、フルエタニティリングは、サイズ直しができませんが、当社では厚めにリングを作っておりますので0.5~1号位のサイズアップに限り直しは可能です。ハーフエタニティリングの場合は比較的容易にサイズ直しは可能ですが、たとえハーフタイプでも変更幅は1~2号以内に収めるのが理想です。

エタニティリングのダイヤモンドは小さいので、一般的には鑑定書(ダイヤモンドグレーディングレポート)は付きません。1石0.15Ct以上になれば、有料になりますが鑑別書(ソーティングレポート付き)の作成は可能です。ソーティング付属のみの場合は費用は掛かりません。

全てのダイヤモンドは、ひっかき傷には強いですが、衝撃には弱いので取り扱いには注意しましょう。

当社では、デザインそのまま、あるいは少しアレンジを加えるなどのセミオーダーメイド、またはフルオーダーメイドにて自由にご注文いただけますのでご検討ください。

またデザイン・企画・製作・販売を全て自社で行うため、特別な代金を頂く事はございません。ダイヤモンドの買付も他社では真似ができない工夫をしておりますので、ワンランク上の石を選ぶことを可能にしています。ご来店いただきお確かめいただければ、このことにご納得、そして満足いただけることでしょう。

・下記フォームからお気軽にお問合せください

・ショッピングローンもご利用頂けます。

ご予算でお悩みでしたらショッピングローンのご利用も検討されてみてはいかがでしょうか。ショッピングローンをご利用の場合、例えば20万円のお品物でも、初回18,300円、2回目以降17,500円x11回の計12回払いでご購入可能です。60回払いまでご利用頂けますので予算で諦めず、心から納得のいくジュエリーをお選び頂くと心からご満足頂き後悔する事もありません。

ショッピングローンなどお支払いについては、「よくある質問」のページに詳しく掲載しておりますので、よろしければこちらもご覧ください。

※ショッピングローンご利用時、お支払い回数に応じで分割手数料が掛かります。