エタニティリングは、婚約指輪、それとも結婚指輪なのですか?

先に言ってしまいますと、「どちらにも該当します」が答えになります。

結婚指輪(マリッジリング)や婚約指輪(エンゲージリング)のどちらも、リング素材やダイヤモンドの有無、誕生石の有無、ペアでないといけないなどの決められた定義はありません。

ですので、自分次第(自分たち次第)で決めることができます。

ただしです。
そうは言っても、人目を気にしたり、着飾って自分に自信を持たせたいとなりますと、リング素材としては10金(k10)よりも18金(k18)、プラチナ。そして婚約指輪ならばダイヤモンド無しよりもあるものを選ぶ人が圧倒的に多いのではないでしょうか。

婚約指輪にダイヤモンド無しの指輪を贈られてどう思われるでしょうか。
「ありがとう。ダイヤモンドなしの婚約指輪を贈ってくれて・・・。」なんて皮肉を言ってってみたくもなります。

ですから定義はなくとも、ある程度の常識は踏また上でとなるでしょう。

さて、エタニティリングに話を戻します。
先の回答のように、結婚指輪でも婚約指輪でもいける。さらにはどんな指輪にも重ね着けが容易にできるのもエタニティリングです。

そのため、かなりコストパフォーマンスの高いのがエタニティリングのメリットというか特徴でもあります。

エタニティリングは次のような場合に活躍します。

結婚指輪(マリッジリング)をシンプルなのを選んだとしたら

仮に結婚指輪(マリッジリング)を選んで購入したとしましょう。

それもダイヤモンドが少し付いたシンプルなものを。

そうしますと、パーティーや式典など日常とは違うところにお出かけなどするときがありますと、服装に合わせてシンプルな結婚指輪(マリッジリング)では物足りず、ダイヤモンドの着いた華やかな指輪を着けたくもなるのが人情です。

そんなときにエタニティリングひつあれば、シンプルな結婚指輪はそのままでエタニティリングを重ね着けすれば準備万端です。

でも、です。
そういう場所はみなさん着飾ってきますし、指輪だってダイヤモンド指輪の華やかなものを着けてきます。

それを見て当然自分のと対比しますでしょ・・・。
自分のエタニティリングのダイヤモンドの輝きがそれに負けていないなら堂々と見せられますが、輝きがイマイチでしたら隠してしまいたい心境にもなるでしょう。ハーフエタニティならダイヤの見えるほうを手のひら側に回してしまえば隠すと同じことになりますが、自分が情けなくなりますよね。

ダイヤモンドは他のダイヤと輝きを比べるなんてことはほとんどないかと思います。ですからどんなダイヤモンドが本当に美しいものなのかご存知ないでしょうが、どれもそれほど違わないなんてことはありません。中には工業用ダイヤに近いのも販売されているのですから。

例えば「海」でいえば、工場が近い近海と沖縄やサイパン、ハワイなどの海の違いくらいあります。同じ海でも綺麗さが全然違います。ダイヤモンドだってこのくらい違う感じになるのです。

きれいなマリンブルーの海
汚れている海

文章や言葉ではどれだけお話してもその違いについて確信を持つことができないでしょうから、ご来店いただけましたなら、20倍スコープでその違いをご体験いただけます。

ご来店のご予約はこちらです

婚約指輪(エンゲージリング)が一粒ダイヤのソリティアだったら

婚約指輪(エンゲージリング)がセンターに配置された大きな目のダイヤモンドのソリティアタイプは定番です。こちらでしたら、華やかなので贈られた女性はうれしいことでしょう。

しかしながら、ダイヤモンドが大きくせりだしていますので、普段使いによいとはいきません。(※最近は高さを押さえたデザインもあります)また「職場でも目立ちすぎて着けるのに気が引けてしまいます」という方は多いです。結婚指輪もありますから、そんなことでタンスの肥やしなどと揶揄されてしまうタイプの指輪でもあります。

もちろん華やかさはかなりありますから、パーティーや式典などのそれが似合う場所では多いに活躍はしてくれます。また将来指のサイズが変更してもサイズ修理ができるメリットもあります。

一方のエタニティリングは、ダイヤモンドが大きくせりだしていませんし、ハーフエタニティリングであれば、家事労働にもよりますが、一般的には普段使いもできます。どんな洋服にも合いますので使い勝手はいいのです。また婚約指輪がそれほど華やかなものでなくてもエタニティリングの重ね着けで豪華に演出することはできます。

婚約指輪
ソリティア
ハーフエタニティリング
ハーフエタニティ

エタニティリングにはデメリットはないの?

エタニティリングのメリットばかり掲げてきましたが、デメリットもございます。
まず、一般的にフルエタニティリングは、サイズ修正ができません。フルエタニティリングは、リング全体がダイヤモンドで覆われているからです。当社の場合は、下のお写真のように肉厚に作ってございますので、リング内側を削って2号アップくらいまでの修正は可能です。一般的な作りでは肉厚ではありませんので削っての修正はできません。
※ハーフエタニティにおいては、サイズ修正は可能です。

リングの号数を変更する方法についての説明

エタニティリングで知っておくべき点と注意点

知っておいたほうがよい点についてお伝えします。

一粒あたり0.15カラット以下のダイヤモンドを使うエタニティリングは鑑定書が付随していません。(当社だけではありません)

ダイヤモンドの鑑定を取るには、ルースの状態でダイヤモンド鑑定ができる鑑定機関に提出しなければなりません。それも1個だけ鑑定していただいても意味がありませんから、エタニティリングに使われるダイヤモンドすべてになります。1個だけでも数千円の料金ですから、30個ものダイヤモンドエタニティリングでしたらかなりの金額になってしまいます。

一般的な価格のエタニティリングでしたら、鑑定料金だけでそのもの以上の料金になりますから現実的に無理があります。主にこういった理由から鑑定書は付いていないダイヤモンドが使われているのです。ですから、先ほどの海の話ではありませんが、どんなダイヤモンドが使われているのか、各ショップ、できることならスコープなどで覗いて確認されることが大事です。

注意点としては、エタニティリングは使用されるダイヤモンドの数が多いため石落ちしやすい確率は高くなります。

1粒ダイヤモンドのソリティアよりも使用されるダイヤモンドは絶対的に多いためです。一般的には、ハーフエタニティでも少なくとも15個以上ありますから、石落ちの確率は15倍高まります。

石落ちを防ぐには、石留をしっかりと行った商品を選ぶ。また石留技法としては、レール留めの、エタニティリングなどを選択されるとその心配は軽減できます。そうしても、長年の使用によりゆがみが出たりして石留がゆるくなったりします。また自転車に乗ったりして普段指を使う方などは絶対に石落ちしないわけではありませんので、当社ではゆるみが確認できたらご連絡をいただき無料にて修理を行っています。

どのタイプのダイヤモンド指輪にも共通することですが、特にフルエタニティリングの場合は、ダイヤモンドが全体に飾られているので、汚れる確率が高くなります。ダイヤモンドというのは、親油性が高い性質を持っています。つまり手の脂を着けやすいので、この点は注意したいところです。ただし家庭でも中性洗剤を使って洗浄できるので問題はありません。

まとめ

エタニティリングは、結婚指輪にも婚約指輪にもなります。どちらにも使用することができますので、コストパフォーマンスの高いダイヤモンド指輪です。

また、洋服を選びませんので、どんな服装にも合わせやすいです。さらには重ね着けにももってこいの指輪です。

デメリットとしては、フルエタニティリングについては、一般的にはサイズ修正することができない点(当社は除く)がございます。知っておきたい点としては、0.15カラット以下のダイヤモンドを使用したエタニティリングには鑑定書(ソーティングレポート)が付いていない点がございます。

注意点としては、ダイヤモンドの使用数が多い分、石落ちの確立が高くなる点と、ダイヤモンド指輪全般に言えることですが、ダイヤモンドは親油性が高い性質を持っていますので、直接指で触れないことが大事です。

以上です。

特徴4:完成品イメージを見ることができます

お住まいが遠い、あるいは時間が取れなくてご来店いただけなくても、完成イメージを画像や動画作成をしてメール等でご案内しておりますので、日本全国どこにお住まいでも対応可能です。

ホームページ上でご紹介の商品以外でもご希望のデザインがございましたら、スマホで写した画像や手書きデザイン等をお送りくださればデザインをご提案致します。デザイン料は無料です。

コンピューターグラフィックスによる指輪の画像作成

コンピューター・グラフィックスでの完成イメージをご覧いただくことができます

このような感じで動画にて完成イメージを見ることもできますのでご安心ください

当社では、「どこに着けて行っても恥ずかしくないダイヤモンド指輪」、そして「ダイヤモンドの輝きが素敵で目にする度に幸せな気持ちになっていただきたい品質の良いもの」をお届け(制作)することをポリシーとしております。

お問合せ

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

メールアドレス 確認用(必須)

電話番号(任意)

郵便番号(〒の入力は不要です・任意)

住所(任意)

お問合せ種別 (必須)

商品について納期についてオーダーメイドについてリフォームまたは修理についてリングゲージ無料レンタルその他

参考資料(任意)

3Mバイトまで 、jpg,png,gif形式の画像が添付可能です。オリジナルイメージや写真などをお持ちの場合添付してください。

お問合せ内容 (必須)