女性は男性に比べて指輪に詳しい人のほうが比較的多いと感じていますが、エタニティリングについてとなると、女性でもその割合は高くありません。
そこで、これから購入を検討されている方やすでに購入して持ってはいるけど自分へのご褒美にもうひとつ検討されている方のために、どのような種類やデザインがあるのかについてジュエリー業界30年の桑原が書き綴ってみました。

エタニティリングのデザイン

エタニティリングのデザインを見た目とか種類と定義したとしますと、まずはフルエタニティリングとハーフエタニティリングに分けることができます。

フルエタニティリングとは、右の画像のようにリングの回りをぐるりと小さいダイヤモンドで囲ったものをいいます。(スマホでご覧の方は下の画像になります)

フルエタニティリング
フルエタニティリング
ハーフエタニティリング
ハーフエタニティリング

ハーフエタニティリングは、左の画像のようにリングの半分を小さいダイヤモンドで囲ったものです。(スマホでご覧の方は、下の画像がハーフエタニティリングです。)

ダイヤモンドの留め方によってもデザインは変わります

 また、フルエタニティリングとハーフエタニティリングいずれにしても、ダイヤモンドの「留め方」でデザイン的に大きくかわってきます。

留め方とは、リングにダイヤモンドを固定する為の技法の事で主に3タイプ、爪留め、パヴェ留め、レール留めがあります。それに加えて、フクリン留めなどもございます。

さらにそれぞれに、ダイヤモンドのカット(ダイヤモンドのカットの詳細についてはこちらのページをご覧ください)やリング素材がプラチナ、ホワイトゴールド、ピングゴールド、イエローゴールドなどでもデザイン的には違ってまいります。

それでは、エタニティリングと石の留め方それぞれの技法について写真付きでご紹介いたします。

爪留め(つめどめ)のエタニティリング

エタニティリング
ラウンド・ブリリアントカットされたダイヤモンドをイエローゴールドのリングで4つ爪留めを施した作品
爪留め
ラウンド・ブリリアントカットされたダイヤモンドをプラチナリングで4つ爪留を施した作品

パヴェ留めのエタニティリング

パヴェ留めのエタニティリング
ラウンド・ブリリアントカットされたダイヤモンドをピンクゴールドのリングにパヴェ留めを施した作品

レール留めの作品

レール留めされたエタニティリング・プリンセスカット
エメラルドカットされたダイヤモンドをプラチナリングにレール留めを施した作品
ピンンクゴールドの爪留め・ラウンド・ブリリアントカット
ラウンド・ブリリアントカットのダイヤモンドをピンクゴールドリングにレール留めを施したフルエタニティリング
中央に大きめのラウンド・ブリリアントカットされたダイヤ、その両脇にメレダイヤを配し、プラチナリングにレール留めを施したフルエタニティリング

フクリン留め【伏せ込み留め(ふせこみどめ)】の作品

石の外周を地金の輪で覆って留める方法です。フクリン(覆輪)留めは石を留めるフレーム(枠)状の地金を、打ちタガネやヤットコ、ヘラ等で倒して石を固定します。フセ込みとも言います。

フクリン留め・ハートシェイプのエタニティリング
ハートシェイプカットされたダイヤモンドをプラチナリングで「フクリン留め」を施したエタニティリング

↓ 指輪ではありませんが、こちらの作品もフクリン留めになります。

フクリン留めのピアス
フクリン留めのピアス

ちなみに下の作品は、フクリン留め(伏せ込み留め)に似ていますが、レール留めになります。

フクリン留めのエタニティリング

ダイヤモンドの大きさによっても見栄えが変わります

リング幅の狭いエタニティリング
小さめなダイヤとピンクゴールドをマッチさせたエタニティリング
やや太めのエタニティリング
大きめなダイヤとプラチナをマッチさせたエタニティリング

エタニティリングのデザイン(種類)のまとめ

いかがでしたでしょうか。
エタニティリングひとつとってもたくさんのデザイン(種類)があることがおわかりいただけたかと思います。

おさらいしますと、まずエタニティリングは、フルエタニティリングとハーフエタニティリングに分けることができます。
次にダイヤモンドに施されたラウンド・ブリリアントカットやエメラルドカット、ハートシェイプカットなどのカットとリングの素材、そしてリングにダイヤモンドを固定する為の技法、いわゆる留め方によってデザイン(見た目)は大きくかわってきます。

※ダイヤモンドのカットの詳細についてはこちらの「ハート&キューピッドって何ですか?」のコンテンツをご覧ください。

またここでは長文となるためご紹介しておりませんが、ダイヤだけのエタニティリングではなく、他の宝石との組合せでも大きくデザインは違ってまいります。以上、エタニティリングのデザイン(種類)についてでした。