「エタニティリングを重ねづけしたい」

当店でも最近、そのようなお客様が増えてきています。

お手持ちの指輪に飽きてきたり、細身の結婚指輪が似合わなくなってきたと感じたりして、エタニティリングとの重ねづけに興味を持たれる方が多いようです。

ただ、エタニティリングはその豪華なイメージから「重ねづけが難しそう」とも思われがち。

でも、実はエタニティリングというのはシンプルな形状のものが多く、結婚指輪や婚約指輪、ファッションリングなど、さまざまなデザインの指輪と相性がいいのです。

そこで、今回はエタニティリングの重ねづけについて、デザイン選びのコツやおすすめのコーディネートなどを詳しくご紹介いたします。

特に、「重ねづけするエタニティリングのデザイン選びや、コーディネート方法で悩んでいる」という方にとって役立つ内容となっておりますので、ぜひ最後までご覧ください。

重ねづけ向きなのは?エタニティリングのデザインの種類

エタニティリングは、石の入っている範囲や石留めのしかたによって、デザインに違いが出ます。

エタニティリングの重ねづけでは、このデザイン選びがもっとも重要です。

まずは重ねづけの観点から、エタニティリングのデザインの種類について見ていきましょう。

フルエタニティ

フルエタニティリング

「フルエタニティ」とは、リング側面の全周に石があしらわれた指輪のこと。同じく全周にデザインが入った指輪との重ねづけは、相性抜群です。

フルエタニティは、物を持った時などに手のひら側の石がぶつかりやすいことがデメリットとされていますが、ダイヤモンドは非常に硬い石なので簡単には傷つかず、過度に心配する必要はありません。

ただ、当たりどころによっては欠けたり割れたりする可能性もゼロではないので、重たいものを持つ時や激しいスポーツをする時などは、指から外すようにしましょう。

なにより、フルエタニティの華やかさに勝るものは、他にはありません。

ハーフエタニティ

ハーフエタニティ

「ハーフエタニティ」とは、リング側面の半周に石があしらわれた指輪のこと。

手のひら側に石が無いので日常使いしやすく、結婚指輪や婚約指輪、ファッションリングなどとの重ねづけにおすすめです。

なお当店では、フルエタニティリングにより近く見えるよう、リング側面の3/4に石が入ったデザインでお作りしています。

爪留め(4本爪、共有爪)

4本爪 共有爪のエタニティリング

石留めの際、「爪」と呼ばれる細い地金を使って石を固定する技法のことを「爪留め」と呼びます。

爪留めの中でも、1つの石を4本の爪で固定したものを「4本爪」、2本の爪で両隣の石を固定したものを「共有爪」と呼びます。

一見、華やかで重ねづけが難しそうに思われますが、形状自体はシンプルなものが多いので、案外どんな指輪とも相性のいいデザインです。

レール留め

レールどめのフルエタニティリング

ダイヤモンドの上下を線路のレールのように、地金で挟んで留める技法のことを「レール留め」と呼びます。

見た目がすっきりしているので、どんな指輪とも重ねづけしやすいデザインです。

覆輪(ふくりん)留め

石を一粒一粒、枠のように地金で囲んで固定する技法のことを「覆輪留め」と呼びます。

石の形によって様々なデザインがあり、シンプルな結婚指輪やファッションリングと重ねることで個性が生まれます。

エタニティリングのデザインについては、下記の記事もご覧ください。  

お手持ちの指輪にぴったりなエタニティリング選び 3つのポイント

ここで、お手持ちの指輪にぴったりなエタニティリングを選ぶ際、気をつけたい3つのポイントについてご紹介します。

1.デザインのバランスが取れている

エタニティリングに限らず、指輪の重ねづけでは、指輪同士のデザインのバランスが取れていることが何よりも重要です。

どんなデザインとも比較的相性のいいエタニティリングですが、せっかく重ねづけするなら、お手持ちの指輪とベストバランスのものを手に入れたいですよね。

そのためには、重ねづけした時に違和感が無いか、ボリューム感はちょうどいいかといったことを、客観的な意見も取り入れながら選ぶのがおすすめです。

エタニティリングをメインとしている当社では、エタニティリングの重ねづけについても、これまでたくさんのご提案をしてきた実績がございます。

お客様一人ひとりのご希望に合わせ、親切・丁寧にアドバイスさせていただきますので、ぜひお気軽にご相談ください。

2.石のデザインやグレードのバランスが取れている

石留めの指輪とエタニティリングを重ねづけするなら、双方の石のデザインやグレードに統一感があると、見た目のバランスがよくなります。

お手持ちの石留めの指輪とエタニティリングを重ねづけするなら、オーダーメイドもおすすめです。

当社では、ダイヤモンドの選定も自社にて行っています。そのため、お手持ちの指輪とバランスのよいダイヤモンドをお選びいただくことも可能となっております。

エタニティリングのオーダーメイドについては、下記の記事もご覧ください。  

3.手のひら側からの見た目も大切に

指輪の重ねづけでは、つい手の甲側からの見た目ばかり気にしてしまいますが、手のひら側からの見た目もそろえることで、細かい気配りができる人という印象を与えることができます。

フルエタニティは全周にデザインが入ったデザインを、ハーフエタニティは手のひら側はプレーンなデザインの指輪を選ぶことで、全体の見た目に統一感が出て、まとまりのあるおしゃれを演出できます。

重ねづけにおすすめのエタニティリング ベスト3

ここまでお伝えしてきたことを踏まえて、重ねづけに特におすすめのエタニティリングを、厳選して3つご紹介いたします。

レール留めのフルエタニティ

レール留めのフルエタニティリング

レール留めのフルエタニティは、プレーンなデザインの指輪と相性抜群。

重ねづけすることで一体感が出て、幅広のリングのようにも見せることができます。

プラチナとゴールド、プラチナ同士など、地金の色の組み合わせも楽しんで。

爪留めのハーフエタニティ

爪留めのハーフエタニティリング

爪留めのエタニティリングは、同じく爪留めのソリティアリングとの重ねづけにぴったり。

さらに一体感を持たせたいなら、双方の石の形やグレードを統一してみて。

こちらは当社のお客様からいただいた画像です。

海外ハイジュエリーブランドのソリティアリングと、当社でオーダーいただいた共有爪エタニティリングとの重ねづけ

ソリティアリングの大粒ダイヤが引き立つ、素敵な重ねづけとなっております。

エタニティリングの重ねづけ

覆輪留め

覆輪留めのフルエタニティリング

シンプルな細身のリングと重ねづけするなら、画像のような覆輪留めのエタニティリングがおすすめ。

ラウンドカットのダイヤモンドが、規則正しく並んだドット(水玉)のように見え、シンプルなリングに可愛らしさやモダンさをプラスしてくれます。

指先に若々しさを演出したい方や、周囲と差をつけたいという方に、ぜひ選んでいただきたい組み合わせです。

エタニティリングはオーダーメイドも選択肢のひとつ

結婚指輪や婚約指輪、お気に入りのファッションリング等、大切な指輪に重ねづけするエタニティリングをお探しなら、オーダーメイドも選択肢のひとつです。

オーダーメイドなら、お手持ちの指輪に合わせた、世界でたったひとつのエタニティリングが手に入ります

 

当社・エタニティは、エタニティリングを得意とするオーダーメイドのジュエリーブランドです。

 

お客様のサイズやご希望に沿って、一からデザイン・設計・原型製作およびダイヤモンドの選定を行っております。その後、当社認定の熟練職人により作り上げられたエタニティリングは、海外ハイジュエリーブランドと同等の、胸を張れる品質となっております。

 

細かいデザインのご相談にも柔軟に対応させていただいておりますので、まずはお気軽にお問い合わせください。

 

お問い合わせはこちらから

お電話の方は、℡03-3822-2882まで。お気軽にお問い合わせください。

    お名前 (必須)

    メールアドレス (必須)

    メールアドレス 確認用(必須)

    電話番号(任意)

    郵便番号(〒の入力は不要です・任意)

    住所(任意)

    お問合せ種別 (必須)

    商品について納期についてオーダーメイドについてリフォームまたは修理についてリングゲージ無料レンタルその他

    参考資料(任意)

    3Mバイトまで 、jpg,png,gif形式の画像が添付可能です。オリジナルイメージや写真などをお持ちの場合添付してください。

    お問合せ内容 (必須)