ダイヤモンドの指輪だからこそ

ダイヤモンド指輪で肩身の狭い思いをしないために

エタニティリングなどのダイヤモンド指輪をはじめて購入されるにあたって、前もって知識を得ておくことはとても大切です。
一般的にはダイヤモンドは高価なものであるがゆえに購入する機会は少ないです。それゆえに誤った買い方をすると、そうそう買い直すことはできませんので、肩身の狭い思いを引きずってしまいかねません。

指輪に限らずですが、宝飾品を着けていくところは色々な宝飾品が集まるところでもあります。例えば、入学式や卒業式、パーティなど。
気合い入れて皆さんお洒落をして行きます。

ダイヤモンド指輪とアクセサリー

誰もがみんな、ドレスに合ったパールやダイヤモンドなど色々なジュエリーを着けて集まります。
当然の事ながら綺麗な指輪を着けている人も大勢いますので、どうしてもそこに目がいき、自然と比較をしたりするときがあります。

そんなシーンで、あるお客様からお聞きしたお話しですが、「同じようなカラットのダイヤモンド指輪でありながら、輝きが全然違い、粗悪品を買ってしまったのではないかと疑心暗鬼になり、恥ずかしくて肩身が狭い思いをしてしまった」ということでした。
本当に気の毒です。恥ずかしくて石のついている部分を手のひら側に回して見えなくしたなんて話も聞いたこともあります。
どちらも知識があればそのような思いをせずにすんだのではないでしょうか。

そこで、ダイヤモンドはどのような点によって価値や価格が違ってくるのか、その点についてまとめてみましたのでご覧ください。

ダイヤモンドの価値や価格は4つのCの組合せで異なります

ダイヤモンドには、評価基準というものがございます。
その評価基準として用いられているのが「4C」です。

4Cとは、GIA(Gemological Institute of America)というアメリカの宝石学会が定めたもので、カット(cut=全体的な形のバランスと研磨の仕上げの状態)、カラット(Carat=重量)、カラー(Color=色)、クラリティ(Clarity=透明度)の頭文字をとったものです。

ダイヤモンドの価値や価格は、この4つの組合せとシェイプ(形)によって違ってきます。
シェイプには、ラウンド、エメラルド、クッション、アッシャー、マーキス、ラディアント、オーバル、ペアー、ハートがございます。シェイプについてはこちらのコンテンツで説明しています。

そしてGIAが発行したレポートをダイヤモンドグレーディングレポートと称しています。4Cについての詳細はこちらをご覧ください。

さて、4Cの中で輝きに最も重要な影響を与えるのが「カット」です。
そのため、購入する際には最も考慮すべき点が「カット」になります。ダイヤモンドは「輝きが命」というのを聞いたことがあると思いますが、いくらクラリティ(透明度)やカラーのグレードが高くてもカットが低品質ではくすんで見えてしまいます。また同じカラット(大きさではなく重量です)であっても小さく見えてしまうからです。

カットのグレードは5段階評価

カットにもグレード=等級があります。等級は、プロポーション(形)、ポリッシュ(研磨状態)、シンメトリー(対称性)の3つの要素を総合的に5段階で評価します。等級は次の5つになります。エクセレントが最上位です。

  • ・EXCELLENT(エクセレント)
  • ・VERY GOOD(ベリーグッド)
  • ・GOOD(グッド)
  • ・FAIR(フェアー)
  • ・POOR(プアー)

そして、「カットの総合評価」と合わせて、「ポリッシュ(研磨状態)」「シンメトリー(対称性)」のすべてが最高位Exllent(エクセレント)と評価されたダイヤモンドは「トリプルエクセレント(3EX)」と評価され最高位のダイヤモンドに位置付けられます。

カットのエクセレント
ポリッシュのエクセレント
シンメトリーのエクセレント
矢印
トリプルエクセレント

さらに3EX(トリプルエクセレント・にH&C(ハートアンドキューピッド)が付きますとさらに最上位の評価になります。

カットの違いでどのくらいお値段に差が出てくるのものでしょうか。目安となりますが、事例を使ってご説明いたします。
例えば、0.4カラットで、クラリティ(透明度)がVS1のグレード。そしてカットの等級が「ベリーグッド」。
このダイヤモンドのみのお値段が15万円だとしましょう。

それが、カットの等級が「3EX H&C(トリプルエクセレント・ハート&キューピッド)」となりますと22万円ほどになってまいります。
このようにカラットやクラリティが同じでも、カットのグレードによってお値段は違ってまいります。

次に別の例をご紹介します。
1カラット(0.2g)のダイヤモンドで、クラリティ(透明度)がVS2(クラリティでは中間の等級にあたります)。
カラーはG等級。そしてカットの等級がグッド(Good)。こちらのダイヤモンドのみのお値段が75万円代だとしましょう。
それがトリプルエクセレントとなりますと、130万円くらいになってまいります。
このように他の評価が同じでもカットのグレードによって値段が違ってくることはご理解いただけたかと思います。

婚約指輪

指輪はダイヤモンドだけでなくリングの造りにも目を向ける必要があります

例えば、次のようなエタニティリングがあったとしましょう。

・Pt900 ダイヤモンドエタニティリング 2.0Ct ¥100,000円
・Pt900 ダイヤモンドエタニティリング 2.0Ct ¥380,000円
・Pt900 ダイヤモンドエタニティリング 2.0Ct ¥1,00,000円
Ptとは指輪の素材がプラチナのことをいいます。
エタニティリングとは、写真のものです。

指輪の回りを小さなダイヤモンドなどでぐるりと囲われているものをいいます。全体が囲われているものをフルエタニティ、半分をハーフエタニティといいます。2.0Ctは2カラットの意味です。

フルエタニティリングの完成

この3点は、品名だけ見れば同じですから、当然、知識のない人は同じ物だと思ってしまいます。10万円のエタニティリングはお店の儲けを減らし薄利多売で販売しているお店なんだろうなんて都合よく解釈をしてしまいがちです。
それなら、1円でも安い方が良いと思うのが人情です。それで、上記の10万円の品物を買った人が、ある時、価格に理由がある事、ダイヤやリングの造りに大きな違いがある事に気が付いた人が、「汚いダイヤで後悔している。恥ずかしくて着けられない。」となって相談に来る事が良くあります。指輪は、ダイヤモンド選びはもちろんのこと、それだけなくリングの造りにも注意を向けるべきなのです。

当社としましては、100万円のブランド指輪と同じ品質でありながら、38万円で販売できるのが大きな強みです。その理由はこちらのコンテンツをご覧ください。

当社のダイヤモンドへのこだわり

ダイヤモンドルース

一般的には0.1Ct前後からそれ以下のダイヤモンドには鑑定をする事が無く具体的な4Cで評価をする事が出来ません。

当社エタニティでは、エタニティリングやクロスペンダント、メインの石の他に使うメレダイヤなど鑑定書の発行ができないダイヤモンドでも同じく中央宝石研究所及びGIAのグレーディング基準に基づいて厳しい選定を行っています。

また、お店では、お客さまにダイヤの中まで専用のスコープで見ていただき、輝きを確認してご購入いただいております。通常は10倍の拡大ルーペの規定がございますが、エタニティでは20倍ルーペを基準としています。

​直径1mmのダイヤモンドでも、どんなに小さなダイヤモンドでも厳しい基準を設け、ルーペで1点1点確認し、4段階のグレードに分けてご提案しています。エタニティの厳選されたダイヤモンドは、サイズは小さくとも強く美しい輝きが特徴です。

当社エタニティでは、ブランド品質の美しい品物をお買い求め易い価格でご提供しています

エタニティでは、お客様の喜びと幸せの為に品質には特にこだわり美しい輝きのジュエリーを心を込めてデザイン及び製作を致しております。
品質の良い物だけを必要な分だけ独自の輸入ルートにて輸入する事により不要な物を徹底的に省いてコストダウンしております。

また、十分な厚みを設け高度な技術を用いて美しく製作された当社ジュエリーは、ブランド品質の輝きをお買い求め易い価格で実現致しておりますので必ずご満足頂けると自信をもってお届け致します。

Share on facebook
Facebook 0
Share on twitter
Twitter
Share on linkedin
LinkedIn 0