途切れることなく並んだダイヤモンドが「永遠」を意味するエタニティリング。

こちらのフルエタニティで使われているダイヤモンドは直径2.0mmと、繊細さと華やかさの両方をあわせ持つ、ほどよい大きさです。

ダイヤモンドとプラチナとの組み合わせは、結婚指輪・婚約指輪の定番ですが、普段使いしやすいデザインなので、ファッションリングとしてもお使いいただけます。

単品でも重ねづけでも、さまざまな着けかたで末長くお楽しみいただける、万能なエタニティリングです。

ウェディングドレスの女性
直径2.0mmダイヤモンドのフルエタニティリング


こちらの商品はリングサイズによって、ダイヤモンドの個数と商品価格が変わってきます。

※ 上記画像は、リングサイズ9〜10号( HC:1.050Ct [直径2.0mm] x ダイヤモンド30個 )です。

 

リングサイズとカラット数およびダイヤモンドの個数

リングサイズカラット数ダイヤモンドの個数
1〜2号0.910Ct [直径2.0mm]26個
3〜4号0.945Ct [直径2.0mm]27個
5〜6号0.980Ct [直径2.0mm]28個
7〜8号1.015Ct [直径2.0mm]29個
9〜10号1.050Ct [直径2.0mm]30個
11〜12号1.085Ct [直径2.0mm]31個
13〜14号1.120Ct [直径2.0mm]32個
15〜16号1.155Ct [直径2.0mm]33個
17〜18号1.190Ct [直径2.0mm]34個
19〜20号1.225Ct [直径2.0mm]35個
   


ダイヤモンドのランクは、次の3タイプをご用意しております。

【HC】Fカラー / VS1 / Excellent( ハート&キューピッド )相当

[ 海外ブランドジュエリー以上 ]

 

PT950フルエタニティ2.0mmハート&キューピッド

海外ハイブランドジュエリーでも使用されていない、最高級品質のダイヤモンドです。

ソーティング(簡易鑑定書)付きのものを除いて、メレダイヤの中で、

これほどのダイヤモンドは、滅多に手に入れることはできません。

付属のスコープをお使いいただくと、ハート&キューピッドの模様もご確認いただけます。

 

【HC】Fカラー / VS1 / Excellent 相当の品質については、以下のページもご覧ください。



【VS】Fカラー / VS1 / VeryGood 相当

[ 海外ブランドジュエリー同等以上 ]

PT950フルエタニティ2.0mmVSクラス

海外のハイブランドジュエリーで使用されているものと同等品質のダイヤモンドです

一般的なショップでは簡単には手に入らない、品質で美しい輝きがご堪能いただけます。

 【VS】Fカラー / VS1 / VeryGood 相当の品質については、以下のページもご覧ください。

 



【SI】Fカラー / SI1 / VeryGood 相当

(準ブランド品質)

PT950フルエタニティ2.0mmSIクラス


一般的なジュエリーショップで使われているものと同等品質のダイヤモンドです。

10倍ルーペで微細なインクルージョン(内包物)が確認できますが

インクルージョンの位置や大きさなどを細かく確認をし、

インクルージョンが極力少なく、位置もできるだけ端の方にある石を選ぶようにしております。

肉眼で見る限りでは「VS」と並べても、判別する事は困難です。

VS見劣りしない美しさと、お手頃な価格を兼ね揃えたグレードです。

【SI】Fカラー / SI1 / VeryGood 相当の品質については、以下のページもご覧ください。

 



VS」と「SI」の違いについて、実際には肉眼での判別は難しく、ルーペで見比べた際に違いを判別できる程度とお考えいただけたらと思います。

また、ダイヤモンドのグレードの差は自己満足的な要素も大きく、SI」だと思って身につけた場合と「HCだと思って身につけた場合とで、美しさの感じ方に違いが出たりもします

当社としては、上記のどの品質をお選びいただいても、かならずご満足いただけるという絶対の自信がございます。

しかし、最終的にはご自身が満足できる品質のダイヤモンドをお選びいただくことが、その後の満足度も高くなるので、おすすめです。



ダイヤモンドのイメージ

「エタニティリングには、ダイヤモンド一つひとつに鑑定書が付くのでしょうか?

そのようなご質問をいただくことがございますので、こちらで簡単にご案内します。

通常、エタニティリングのようなダイヤモンドがたくさん使われたジュエリーには、鑑定書が付かないというのが一般的です。

ピンクダイヤモンドなど特殊な石を除き、小さいダイヤモンドには定書が発行されないというのが、その一番の理由です。

また、ダイヤモンド一つひとつに鑑定書をつけるとなると、高額な鑑定料がかかってしまうというのも理由の一つです。

 ※エタニティリングの鑑定書について、詳しくは以下の記事もご覧ください。

エタニティリングに使われるダイヤモンド

当社では、ハイブランドジュエリーの品格を保つ為に、すべてのダイヤモンドをGIA鑑定基準を厳守し4Cを評価しています。

そのため、ダイヤモンドのランクに「相当」という表記が付くことを、ご理解・ご納得いただければと思います。

鑑定の際は、通常10倍ルーペを使用するところ、20倍ルーペを使用するなど、一流鑑定機関よりもさらに厳しい目で、すべてのダイヤモンドをチェックしております。

一粒一粒、妥協なく選び抜かれたダイヤモンドの輝きは、格別な美しさです。



他社の台座との比較

当社では強度やつけ心地等を考慮し、十分な量の地金を使用しております。

上の画像を見ていただければ一目瞭然ですが、一般的なリングと比べて台座が肉厚で、高級感も抜群です。

また、リングを側面から見たときの厚みも一般的なリングより肉厚に設計しているため、存在感に違いがあります。

台座はリングの耐久性にも関わる重要な部分。

当社では見えない部分にもこだわって、お客様にご満足いただける商品づくりを心がけております。



ご注文について

商品はご注文受付後、お客様一人ひとりに合わせ、一から設計、原型製作、ダイヤモンドの選定を行っています。

お客様からのご要望にも柔軟に対応させていただいておりますので、どのような細かいことでも遠慮なく、お気軽にお問い合わせください。