一般的にエタニティリングの様に複数のダイヤモンドを使用するジュエリーには小さいさいダイヤです。写真のように拡大してみれば一粒一粒のダイヤモンドも大きく見えますが、実際にはラウンド・ブリリアントカットで 0.1カラット ならば3mm程度です。

ダイヤモンド

ラウンド・ブリリアントカットとは

58面体(下面の面取り(キューレット)をしない場合は57面体)で、上部から進入した光が全て内部で全反射して上部から放たれ、ダイヤモンドの輝きをきわだたせるように設計されています。ダイヤモンドの形状で最も有名なのは、丸形のラウンド・ブリリアントカット。

鑑定書がないダイヤモンドが使われる

写真のように、0.1Ct前後のダイヤモンドを複数使用した製品ならば、鑑定を取ったダイヤモンドが使われることは基本的にありません。

また一般的に0.1Ct台後半から0.2Ctの大きさになるとグレーディングの取れているダイヤモンドが用意されますが、この大きさで複数のダイヤモンドを使用した製品では使用している個数分の鑑定書を作成する事になります。

そのために、その費用だけでも高額となりますので鑑定書を作成する事は殆どありません。それでは4Cの証明ができないのでは?と思われるでしょうが、「ソーティング」が付属となりますので、この場合は4Cの証明が可能となります。

ソーティングとは?

ソーティングとは、ダイヤモンドディーラーが中央宝石研究所に依頼をし、そこが発行する簡易鑑定の事です。鑑定書のような冊子にはなっておらず、 写真のように小袋にダイヤモンドのグレードが記されているものになります。

ソーティング

グレーディングレポート(鑑定書)との違いは、カットグレードの細かな数値等の記述がないなどの違いはありますが実質的には鑑定書と同じものです。

ソーティング

鑑定書のような見栄えはしませんが、ダイヤの品質を特定するには十分なもので、 主に、業者間取引では、鑑定書ではなく、ソーティングが使われています。海外のダイヤモンドディーラー同士のような業者間取引では、国際基準のGIA鑑定が使われますが、当社提携の中央宝石研究所の場合は国際的にも信頼があり日本のソーティングのまま取引されることも多くあります。

Q ソーティングはいただけるのですか?

A 鑑別書(ソーティングレポート付)を作成される場合は、そちらが優先されるためソーティングはお渡ししていません。※鑑定書と鑑別書の違いはこちらのコンテンツでご確認ください。

鑑別書(ソーティングレポート付)を作成されない場合は、ソーティングをお渡し致しております。鑑別書の作成は有料となりますので、お客様のご希望によって選択いただいております。

鑑定書が無い理由2点

1先ほども申し上げましたが、エタニティリングやクロスペンダント、テニスブレスレット、または婚約指輪の周りに入れるダイヤなど品質の良いダイヤモンドではあるが、大きさ等の理由から鑑定書は作成されない。

2ある程度の大きさがあっても宝飾品としての価値も用途も無いような質の悪いダイヤモンド

質が悪いダイヤモンドといってもピンとこないと思われますので参考写真をアップしました。下記は、美しくないダイヤモンドです。傷が沢山あり全然美しさがありません。石の中に白いクラックの様なもの(インクルージョン)があるのがはっきりお分かりになるかと思います。この様な粗悪な石を集め安さを強調し販売している悪質ショップが沢山存在します。

輝きのないダイヤモンド

下のダイヤモンドは弊社で使用しているダイヤモンドです。この違い、お分かりいただけますでしょうか。

エタニティで販売しているラウンド・ブリリアントカットされたダイヤモンド

もちろん、鑑定書がないダイヤモンドであっても質の高いものはありますし、反対に鑑定書があってもそうでもないものもあります。国内には、100カ所もの鑑定機関があり、中にはB級といわれる機関でも鑑定書を発行しているからです。この点は特に念頭に置いてほしい点ではあります。当社ではGIAもしくは中央宝石研究所のみ採用を致しております。

弊社でのダイヤモンドの取扱いについて

​エタニティでは、直径1mmのダイヤモンドでも同じ4C基準でこだわります。鑑定評価の無いダイヤモンドの場合、下記の3タイプをご用意致しております。もちろん、ダイヤモンドの品質には特にこだわり、1石づつ厳しくチェックをして選び抜いた自慢のダイヤモンドです。

タイプ1:SIランク(準ブランド品質)

カラー:F以上 / クラリティ:SI1 /  カット: Very Good 相当

・10倍ルーペで微細なインクルージョンを確認できる品質ですが、インクルージョンの位置や大きさなど細かく確認をして極力、インクルージョンが少なく、位置も中央より端の方にある石を選ぶ様にしており肉眼で見る限りでは「VS」と並べて比べても判別する事は困難です。詳しくはこちらで

タイプ2:VSランク(ブランドジュエリー品質)

カラー:F以上 / クラリティ:VS1 /  カット: Very Good 相当

肉眼ではもちろん10倍の拡大ルーペでもインクリュージョンの確認は非常に困難で輝きが格段に違います。品質は、Fカラー、VS1クラス、VGカット相当の無色透明で美しいダイヤモンドです。一般的に海外ブランドジュエリーで使用されている品質となります。詳しくは詳しくはこちらで

タイプ3:VS/HCランク(ブランドジュエリー品質以上)

カラー:F以上 / クラリティ:VS1 /  カット: Excellent(H&C) 相当

ソーティング付きを除き、メレダイヤの中では最高品質でこれ以上のダイヤモンドはありません。肉眼ではもちろん10倍の拡大ルーペでもイ ンクリュージョン の確認は非常に困難で輝きが格段に違います。さらには付属のスコープでH&Cの模様をご確認頂けます。海外ブランドジュエリーでも使用していない品質です。詳しくはこちらで

それぞれ3タイプの違い

「Fカラー、VS1クラス、VGカット」相当の(VS)ランクと「Fカラー、SI1クラス、VGカット」相当の(SI)ランクを比べた場合の違いは実際に並べて比べても肉眼で判別する事は非常に困難です。

SIクラスはルーペで見ると非常に微細なインクリュージョンが石の端や目立たない所で確認できる品質で、VSランクの場合はルーペでもインクリュージョンの発見は困難な品質になります。以上の様にルーペで見比べた際に2点の違いを判別できる差とお考え頂けましたらと思います。

また、エタニティの(SI)ランクは美しい輝きでVSクラスに近い品質を維持致しており十分な美しさがございますので、必ずご満足頂けると自信がございますが、最終的にはご自身がご満足できる品質のダイヤモンドをお選び頂く事をお勧め致します。

(VS)クラスだと思って身に着けた場合と、(SI)クラスだと思って身に着けた場合の違いなど満足度により更に美しく感じたりする感覚もございますので、ご考慮頂けます様にお願い申し上げます。価格と品質のバランスは、お客様にとって非常に難しい問題と思いますが、ご自身が満足できる大きさで美しい輝きの品物をお選び頂くことが一番重要と思います。

エタニティリングの石留(デザイン)については、こちらのページをご覧ください。

全国対応しています!当社に来店頂けなくてもご安心ください

お住まいが遠い、あるいは時間が取れなくてご来店いただけなくても、WEBにて問い合わせを頂けましたらメール、LINE等で完成イメージ画像を制作し、お見積もりやご相談をお受け致しておりますので、日本全国どこにお住まいでも対応可能です。実際に北海道から沖縄まで全国の方からご依頼を頂いております。

定番のデザイン以外でもご希望のデザインやイメージがございましたら、スマホで写した画像や手書きデザイン等をお送りくださればデザインをご提案致します。デザイン料を頂く事はございません。

Share on facebook
Facebook
Share on twitter
Twitter
Share on linkedin
LinkedIn