ダイヤモンドのカット(形状)は円いものだけでなく、四角やハート型、オーバル型など数え上げればきりがないほどたくさんございます。でもなぜこんなにもたくさんの種類が存在しているのでしょうか?

理由は3つほど考えられます。
1、ダイヤモンドは、紀元前8世紀から7世紀においてインドで発見されたとされていますが、原石ですので、硬い石としてしか見られていませんでした。それから14世紀になって加工技術が発達してカットや研磨ができるようになり宝石としての価値が高まったわけです。そこからダイヤモンドはどのような形状にカットして研磨すれば美しい輝きを放つのかを追い求めてきた歴史からたくさんのカットが存在している。それがひとつ目の理由です。

2、見た目(形状)で人を魅了したいというオーナーの欲求から。オーナーの好みと言ってもよいでしょう。
3、ダイヤモンド原石は、河原にある石や岩のように色々な凸凹をした形をしています。そしてインクルージョン(内包物)を含んでいます。その原石から、インクルージョン(内包物)を避け、いかに大きなダイヤモンドにカット(大きいほど価値が高いため)できるのか、さらにいくつのダイヤモンドを取ることができるのかを3Dスキャン機で取り込んでカット決めを行います。つまり、原石の無駄がないようカットするためには、円、四角、三角、大、小などの形状との組合せが必要です。

これらが、たくさんのカット(形状)が存在している理由です。今回はたくさんあるカットの中から一般的に広まっているカットをご紹介します。

ラウンドブリリアントカット

ラウンド・ブリリアントカット

ラウンドブリリアントカット

57面または58面体から最も美しい輝きを解き放つのが特長です。そのために最も人気が高い形です。商品写真は、ソリティアのタイプにラウンドブリリアントカットのダイヤモンドを配置したものです。(スマホでご覧の方は下の画像)

婚約指輪・ソリティア
ラウンドブリリアントカット

マーキーズカット

マーキーズカット

マーキーズカット

ダイヤモンドがカラットの割に大きく見えるのが特長です。また細長いマーキーズは指を細く長く見せます。商品写真は、ソリティアのタイプにマーキーズカットのダイヤモンドを配置したものです。(スマホでご覧の方は下の画像)

マーキーズカットのダイヤモンド・婚約指輪
マーキーズカット

ハートシェイプカット

ハートシェイプカット

ハートシェイプカット

ハートの形は愛の象徴としてとても人気があります。ホットする安心感があるからでしょう。隣の商品写真はフルエタニティリングのハートシェイプカットです。(スマホでご覧の方は下の画像)

ハートシェイプカット

オーバルカット

オーバルカット

オーバルカット

ラウンド型に近い美しい輝きを持ち、マーキーズ型と同様に指を細く長く見せます。商品写真はオーバルカットのダイヤモンドの回りにメレダイヤを配置したものです。(スマホでご覧の方は下の画像)

ペアシェイプカット

ペアシェーブカット

ペアシェィプカット

涙の形にも見えることからティアドロップとも呼ばれ、細長い形は指を細く見せます。商品写真はピンクのペアシェーブカットのダイヤモンドを配置したものです。(スマホでご覧の方は下の画像

ペアシェーブカット
ペアシェイプカット

エメラルドカット

エメラルドカット

エメラルドカット

四角い形でテーブル面が大きいのが特長です。縦と横の長さの比率は様々で独特な輝きを放ちます。商品写真はメレタイプの中央にエメラルドカットのダイヤモンドを配置したものです。(スマホでご覧の方は下の画像)

エメラルドカットの婚約指輪
エメラルドカット

プリンセスカット

プリンセスカット

プリンセスカット

プリンセスカットは、四角い形で角が尖っているのが特長です。正方形や長方形があります。婚約指輪にも好んで使われます。

レール留め・YGフルエタニティリング・プリンセスカットのダイヤモンドとエメラルド
プリンセスカット

ラディアントカット

ラディアントカット

ラディアントカット

エメラルドカットと似ていますが、テーブル面などのカットが違います。深い輝きを持っているのが特長です。写真はメレタイプの中央にラディアントカットのダイヤモンドを配置したものです。(スマホでご覧の方は下の画像)

ラディアントカット
ラディアントカット

クッションカット

クッションカットのダイヤモンドは、アンティークでも現代的なものでも、サイドにカーブがあり、角は丸くなっています。 クッションカットダイヤモンドの魅力としてバラエティの多さがあります。 細長く、長方形のプロポーションもあれば、丸みを帯びたスクエアに近いものもあります。 また、ファセットの配置の多様性が幅広く、これにより外観に影響を与えます。 加えて、このスタイルはファンシーカラーダイヤモンドにとてもよく合います。

GIAより引用

クッションカット
3.22ct、ファンシーイエローのクッションカットダイヤモンド

バゲットカット

バゲットとは、両端がストレートまたはテーパードされた、通常長方形の小さいステップカットのダイヤモンドです。 スクエアに近いバゲットもあれば、長さ対幅の比率が5:1ほどのものや、それ以上に長いものもあります。 テーパードバゲットダイヤモンドは、両側が長く、斜めに内側に傾いています。 バゲットは婚約指輪のサイドストーンとして人気があります

アッシャーカット(ロイヤル・アッシャーカット)

1902年に開発された58面の四角いカットが「アッシャー(Asscher)カット」です。プリンセスカットにも似ていますが、テーブル面センターにクロスされたカットが入っていますので違いがわかります。ラウンドブリリアントに劣らない強い煌きがあると言われています。

2000年になってロイヤル・アッシャーカットが誕生しています。ロイヤル・アッシャーカットは74面のファセットになっています。
左下画像(スマホではすぐ下の画像)はアッシャーカット、右下(スマホでは2段下の画像)はロイヤル・アッシャーカットです。

アッシャーカット(Asscher)
ロイヤル・アッシャーカット

トリリアントカット

1978年に冒険的で刺激的な四角いラディアントカットの三角形バージョンとして登場したのがトリリアントカット。

情報源:トリリアントカットの宝石(GIA)

トリリアントカット
写真: Robert Weldon(ロバート・ウェルドン), 提供:Roz & Gene Meieran (ロズ&ジーン・メイエラン)コレクション

関連記事

ダイヤモンドは、カラットやカラー、クラリティ、カットのグレードが同じだとしても、カット(形状)によって価格差があります。詳しくはこちらのページをご覧ください。

結婚指輪&婚約指輪、ダイヤモンドについて学べるステップメール

数年で買い替える品物でしたら後悔から学ぶこともできますので、次のお買い物時にはその経験を活かすことができます。ところが通常は結婚指輪や婚約指輪ともなると、そうはいきません。

豊富な情報を持っているほど後悔する確率は少なくなりますので結婚指輪や婚約指輪、ダイヤモンドなどについて学んでおくのはいかがでしょうか。直に自分に役立つ8日間の学びです。購読は無料です。

Htmlメールにてお送りしますので、文字よりも画像中心で、毎日少しずつ学べます。途中いつでも購読解除できますのでご安心ください。ご購読希望の方は、メールアドレス、お名前を下記フォームにてご登録ください。
※ ジュエリー全般のメールマガジンも不定期になりますが配信されます。

お問合せ

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

メールアドレス 確認用(必須)

電話番号(任意)

郵便番号(〒の入力は不要です・任意)

住所(任意)

お問合せ種別 (必須)

商品について納期についてオーダーメイドについてリフォームまたは修理についてリングゲージ無料レンタルその他

参考資料(任意)

3Mバイトまで 、jpg,png,gif形式の画像が添付可能です。オリジナルイメージや写真などをお持ちの場合添付してください。

お問合せ内容 (必須)