エタニティリングの制作の流れ

設計、原型制作から始め製品を作り上げる方法(フルオーダー)

製品の制作方法は大きく分けて2つの方法がございます。

私、桑原が設計、そして原型制作から始め製品を作り上げる方法。こちらがフルオーダーです。
例えばハートシェイプのエタニティリングで4mm位の太さが欲しいなどの場合。
この段階では基本的に、リングの情報(石の数や石目、大きさ等)を表記し金額のご提示をいたします。
そしてクラリティーの等級(CLARITY GRADE)がVSの場合やSIの場合、石が一回り大きい場合や小さい場合などお客様のご要望に合わせて複数の提示をすることもございます。

何度かお客様とのやり取りをして、お話を進めさせていただきます。
その際、場合により下記の様な画像を用意してイメージを伝える場合もあります。

 

すでに制作例がある場合

既に制作例がある場合は、その品物の写真をお送り致します。
特にフルオーダーメイドの場合はこの段階で画像をお送りしてイメージを伝えることがとても重要です。
さらには下記の様に完成予定ムービーを用意する場合もございます。

K18YG 3.5x3.5mm 9号 完成予定ムービー

その後、注文を頂いた場合、ここでの私の役割は、まずお客様の希望に合わせて設計から原型制作まで進めます。
注文時に画像確認を頂いていないお客様やフルオーダーのお客様等は、ここの設計完了時に画像を作成し上記の様な画像確認をお送りして確認頂きます。設計が完了したら原型の作成をします。
下記の画像が原型です。ここまでが私の第一段階の仕事です。

次にこの原型を元に鋳造にてリングへ作り上げていきます。鋳造(キャストとも言います)は鋳造専門の提携業者へ依頼をします。

当社で制作した樹脂原型、ゴム型、ワックス原型の画像です

エタニティリングの樹脂原型。左側は爪留め、右側はレール留めの樹脂原型。今回はレール留めを隣の画像(スマホでは下の画像)に見えますオレンジゴムの中に埋め込み焼き固めます。
樹脂原型を入れて焼き固められたゴム型。切出して樹脂原型を取出します。その後に再びゴム型を閉じて、樹脂原型がのこした隙間にワックスを流し込みます
ワックスが固まったらワックス原型を取出します。画像はワックス原型を取出したところです。
今回利用したゴム型と樹脂原型(左側)、ワックス原型(右側)です。

このワックス原型をもとに鋳造を致します。

鋳造とは、金属を熱でとかし鋳型(いがた)に流し込んで作ることをいいます。下の画像は、鋳造して出来上がったカラ枠です。

ハートシェイプのエタニティリングのカラ枠横置き

鋳造したリングにダイヤモンドを合わす

鋳造したリングにダイヤモンドを合わせていきます。
これが私の第二段階の仕事です。
隣の画像のように石の大きさを合わせながら石の品質を見て、良い石だけを選ぶ事に専念します。石合わせが完了したら提携の職人へ石留とリングの磨き、仕上げを依頼します。
石留めの注意点や石の向きなどを含め仕上げの細かい指示を出した上での依頼です。(ご覧のように鋳造後のリングは表面も凸凹ザラザラで全く美しくありません。)

 

そして完成です。
下の画像のように完成した後、私が仕上げの状態や石の留具合、石の品質など細かくチェックをします。
私が気に入らなければ仕上げ直しや石の留直しをします。

その後に納品となります。

指輪の型枠に石をはめる仕事

完璧なチェックをした後に納品

エタニティリング

2、空枠(カラワク)を利用する方法(セミオーダー)

石の留まっていないリング(ペンダント等ジュエリーの全てを含む)だけの状態の物を空枠と言います。
石の大きさ別に様々なデザインが用意されています。

例えばダイヤモンド0.3Ct要はSize030と表記され品番の右側-030が0.3Ct用という意味になります。下記の画像は100となっていますので1Ct用の空枠デザインになります。

お客様からの問い合わせで、どの様な物が欲しいのか品質等をお伺いした上で、石の大きさや品質などを含めて、下記の様な画像を複数枚お客様に見て頂きます。
その中から、気に入った品番を選んで頂き見積をします。価格はリングの重量や脇石(メインのダイヤ以外の石の事。周りのダイヤ)の量により変わるためです。ご来店の場合はi-padやデザインカタログ本になっているのでそれをお見しながら決めていきます。

見本

ご参考までに、フルオーダーメイドの場合もこのデザイン集を見て頂きます。
お客様からイメージを伝えていただき、希望やイメージなどヒアリングをしながらオーダーデザインに反映します。

このデザインの中から選んで頂き、リングを制作します。空枠は提携の空枠業者から購入します。
空枠購入後の流れは石合わせ、石留めなど(1)の「原型制作から始め製品を作り上げる方法。」と同じです。デザインを選んで作り上げるという点で、セミオーダーと呼んでいます。品質にこだわるのは、私が設計、原型制作から制作しても、空枠を使用して制作しても基本信念は変わりません。

特徴4:完成品イメージを見ることができます

お住まいが遠い、あるいは時間が取れなくてご来店いただけなくても、完成イメージを画像や動画作成をしてメール等でご案内しておりますので、日本全国どこにお住まいでも対応可能です。

ホームページ上でご紹介の商品以外でもご希望のデザインがございましたら、スマホで写した画像や手書きデザイン等をお送りくださればデザインをご提案致します。デザイン料は無料です。

コンピューターグラフィックスによる指輪の画像作成

コンピューター・グラフィックスでの完成イメージをご覧いただくことができます

このような感じで動画にて完成イメージを見ることもできますのでご安心ください

Share on facebook
Facebook 0
Share on twitter
Twitter
Share on linkedin
LinkedIn 0