結婚10年目という節目の年に、愛する奥様へエタニティリングをプレゼントしませんか?結婚10年目は「スイートテン」と呼ばれ、夫から妻へダイヤモンドの指輪を贈る習慣があるそうです。

エタニティリングは「永遠(eternity)」という意味を持つことから、末永い幸せを願うスイートテンのプレゼントにぴったり!この記事では、エタニティリングを得意とする当社の商品の中から、スイートテンにおすすめのエタニティリングを厳選してご紹介いたします。

「日頃なかなか伝えられない気持ちを、エタニティリングに込めて贈りたい」という方は、ぜひご覧になってください。

スイートテンとは?エタニティリングを贈る理由は?

本題に入る前に、まずは「スイートテンとは何か」ということや「スイートテンにエタニティリングを贈る理由」といったことについて、ご説明したいと思います。

スイートテンとは、結婚10年目の記念として、夫から妻にダイヤモンドの指輪を贈る習慣のことです。大手企業の広告から広まったスイートテンですが、言葉で表せない感謝の気持ちを伝えられるとして、徐々に定着してきています。

ところで、スイートテンでは「10」という数字にちなみ、10石のダイヤモンドを贈るのが定番です。しかし、最近はあまり数字にこだわらず、奥様が本当に気に入ってくれそうな指輪をプレゼントする男性が増えています

 中でも、リング側面をダイヤモンドが一周した「エタニティリング」は、スイートテンのプレゼントとして人気です。途切れることなく並んだダイヤモンドは「永遠」を意味し、女性たちの間でも「スイートテンにはエタニティリングが欲しい」という方が増えてきているようです。

フルエタニティとハーフエタニティ スイートテンに贈るなら?

エタニティリングのデザインは、「フルエタニティ」と「ハーフエタニティ」の2種類に大きく分けられます。

フルエタニティリング

「フルエタニティ」とは、リング側面をダイヤモンドが全周したデザイン。どこから見てもダイヤモンドの輝きが目に入り、華やかさでは他に勝るものはありません。

また、指輪は身につけている間に、いつの間にかくるくる回ってしまうものですが、フルエタニティなら全周囲にダイヤモンドが入っているため、指輪が回ってしまっても気にならないというメリットもあります。

 

「ハーフエタニティ」とは、リング側面の半周にダイヤモンドが入ったデザイン。「家事や仕事の際、手のひら側の石がぶつかるのが気になる」といった方や「あまり派手すぎないデザインがいい」といった方などに、よく選ばれています。

当社のハーフエタニティは、全体の3/4程度に石が入っていることから、「フルエタニティのように見える」として、大変ご好評をいただいております。

よくインターネットなどで「フルエタニティは手のひら側の石が傷つきやすいので、ハーフエタニティのほうがおすすめ」といった情報を目にすることがあります。しかし、実際のところダイヤモンドは非常に硬い石のため、重たいものを持ったり動きの激しいスポーツをしたりする時さえ指から外すようにすれば、日常生活ではそれほど簡単には傷つきません。

スイートテンという特別な日に贈るなら、相手の喜ぶ顔を考えても、フルエタニティを選んではいかがでしょうか。

スイートテンにおすすめのエタニティリング7選

エタニティリングは、ダイヤモンドを台座に固定する「石留め」のしかたによっても、デザインに違いが出ます。ここからは、当社の商品の中からデザイン別に、スイートテンにおすすめのエタニティリングを7種、厳選してご紹介します。

4本爪

石留めの際、石座に石を押さえるための「爪」と呼ばれる部分を金属で作り、石座と爪でダイヤモンドを固定する方法のことを「爪留め」といいます。

4本爪フルエタニティ
4本爪フルエタニティ_ゴールド

爪留めの中でも、1つの石を4本の爪で固定したものを「4本爪」と呼びます。

4本の爪がしっかりとダイヤモンドを固定するので、石取れしにくいというメリットがあります。また、爪そのものもデザインの一部となるので豪華さや華やかさは抜群です。

4本爪の中でも、爪の形がU字の物を「ミニョン」、V字の物を「マニフィーク」と呼びます(画像の指輪は「マニフィーク」です)。

共有爪

共有爪フルエタニティ_ピンクゴールド

爪留めの中でも、隣あう2つの石を共通の爪で固定したものを「共有爪」と呼びます。共有爪はダイヤモンドがすき間なく並んでいるように見え、非常に豪華な印象です。

共有爪は4本爪と比べて爪の本数が少ないことから、石取れしやすいと言われることがあります。当社では簡単に石取れすることがないよう留意して、しっかりと石留めしておりますので、どうぞご安心ください。

共有爪フルエタニティ_ピンクゴールド

ハートシェイプ爪留めのフルエタニティリング

ハートのフルエタニティ

エタニティリングには、このような個性的なデザインもあります。こちらは、ハート型のダイヤモンドを4本爪でセッティングした、スイートテンにぴったりのフルエタニティリングです。

ウェーブデザイン

ウェーブのフルエタニティリング

このようなウェーブデザインのエタニティリングもございます。繊細なデザインながらも、無数に並んだダイヤモンドが非常に華やかです。

レール留め

レール留めのフルエタニティリング

ダイヤモンドの上下を線路のレールのように、地金で挟んで留める技法のことを「レール留め」と呼びます。レール留めは、しっかりと石留めされるため、ダイヤモンドが外れにくいというメリットがあります。また、見た目がすっきりとシンプルなことから、職場にもつけて行きやすく、特にお仕事をされている奥様におすすめです。

パヴェリング

イエローゴールドのパヴェリング

パヴェリングの「パヴェ」とは、フランス語で「石畳」という意味。パヴェリングはその名の通り、石畳のようにメレダイヤ(小粒のダイヤモンド)が敷き詰められたデザイン。非常に豪華でボリュームのあるパヴェリングは、30代、40代など、大人の女性にこそ似合う指輪です。

覆輪留め

覆輪留めのフルエタニティリング

「覆輪留め」とは、石を一粒一粒、額縁のように地金で囲んで固定する方法のことで、別名「ベゼル留め」とも呼ばれます。爪がないため衣類等に引っかかりにくく、日常使いしやすいデザインです。

ところで、覆輪留めはダイヤモンドが光を取り込みにくく、輝きが弱いと言われることがあります。しかし実際のところ、ダイヤモンドというのは正面から入ってきた光が内部で屈折反射して輝くので、横や裏からの光がさえぎられたところで、本来の輝きが失われることはありません。ダイヤモンドの輝きを重視するなら、爪留めのデザインで悩むより、ダイヤモンドのグレードを上げるほうがおすすめです。

当社では、国内外ハイブランドジュエリーの品質を基準に、ダイヤモンドの選定を行なっています。中でも「VS1 / HC(ハート&キューピッド)」相当のダイヤモンドは海外ハイブランドジュエリー以上の品質で、その輝きは一般的なジュエリーブランドで使われているダイヤモンドとは比べ物にならない美しさです。

「VS1 / HC(ハート&キューピッド)」相当のダイヤモンドにつきましては、以下の記事もご覧ください。

こだわりのエタニティリングで思い出に残るスイートテンを

ここまでお伝えしてきた通り、エタニティリングは「永遠」という意味を持つことや、デザインの種類の豊富さから、スイートテンのプレゼントとして多くの方々に選ばれています。当社はオーダーメイドのジュエリーブランドとなりますので、今回ご紹介した以外にも、ご希望のデザインなどございましたら、ぜひお気軽にご相談ください。

 

また、ご予算でお悩みでしたらショッピングローンのご利用も検討されてみてはいかがでしょうか。ショッピングローンをご利用の場合、例えば20万円のお品物でも、初回18,300円、2回目以降17,500円x11回の計12回払いでご購入可能です。一生に一度のスイートテン。60回払いまでご利用頂けますので予算で諦めず、心から納得のいくエタニティリングを選んだ方が、贈った側も後悔がありません。

ショッピングローンなどお支払いについては、「よくある質問」のページに詳しく掲載しておりますので、よろしければこちらもご覧ください。

※ショッピングローンご利用時、お支払い回数に応じで分割手数料が掛かります。

お問い合わせ

お電話の方は、℡03-3822-2882へ

    お名前 (必須)

    メールアドレス (必須)

    メールアドレス 確認用(必須)

    電話番号(任意)

    郵便番号(〒の入力は不要です・任意)

    住所(任意)

    お問合せ種別 (必須)

    商品について納期についてオーダーメイドについてリフォームまたは修理についてリングゲージ無料レンタルその他

    参考資料(任意)

    3Mバイトまで 、jpg,png,gif形式の画像が添付可能です。オリジナルイメージや写真などをお持ちの場合添付してください。

    お問合せ内容 (必須)