フルエタニティリングは、リング全体を同じ大きさのダイヤモンドがぐるりとつながり飾られています。そのため指輪が回っても、手のひら側も甲側のどちらもキラキラとダイヤモンドが輝いて見えるのが特徴です。

それに対してハーフエタニティリングは、おおよそ半分なので、指にピッタリと納まっていれば、手のひら側はリングだけが見えて、甲側は、ダイヤモンドとリングが半分ほど見えるものが一般的です。この点は、爪留めを選択されても、レール留めでも同じです。

そのデザインで満足という方もいらっしゃいますが、ハーフエタニティリングでも、「もう少し下までダイヤモンドや誕生石がほしい」「ダイヤだけでなく誕生石もあれば・・・」という方もいらっしゃいます。

既製品でしたら、ダイヤモンド(石)の形状は決まっていますし、石の大きさや数はサイズによって多少の増減はありますが、ほぼ同じで変更がききません。

それがオーダーメイドでしたならば、すべてのご要望をかなえることが可能となります。
表題の通り、「4分の3程度のハーフエタニティリング」なども可能ですし、ちょうど半分の制作、あるいはもっと少なくすることも可能です。

お薦めは、当社独自発想の「ハーフエタニティリンング
4分の3」です。
ハーフエタニティは、斜め上や横からから見たときにフルエタニティに比べて美しさを比較しますとデ
ザイン的に見劣りする感があり、如何に美しく見えるかをコンセプトに4分の3をデザイン致しました。ハーフでありながらフルエタニティに見える。それでいてフルエタニティより低価格です。

でも、オーダーメイドと聞くと「高いのでは?」とイメージされる方が多いのは事実です。
その通り、本来オーダーメイドはデザインを起こしてから原型を制作するまでの費用が非常に高額となります。

ですが、当社エタニティ(Eternity)ではデザイン・企画・製作・販売を全て自社で行う為に、この様な特別な費用は一切頂いておりません。

その分、より良い品質の石を採用したり製品を丈夫にしっかり作る事ができ、制作費やお客様のご予算に余裕が生まれます。高品質でありながら、一般のお店よりもお求めやすい価格で承ることが出来ています。オーダーメイドでも、既製のデザインをお選び頂いても基本的なお値段は変わりません。

それでいて、ダイヤモンドのグレードや大きさ、石はダイヤだけ使用、あるいはダイヤと誕生石の組合せ。リング素材の選択、レール留めや爪留めなどの石留技法、リングのどこまダイヤを入れるのか、ちょうど半分にする、あるいは4分の3にするなど自由です。

これらを希望するお値段内で、どこに着けていっても恥ずかしくないようにキラキラと輝くハーフエタニティを心を込めて制作いたしております。

今回は、オーダーメイドによるレール留めハーフエタニティリングを12作品をご紹介します。

※ 当社のエタニティリングは、ハイブランドと同じ輝きでありながら低価格です。そのこだわりのメレダイヤについての詳細はこちらのページをご覧ください。

※ 石留の技法についてはこちらをご覧ください。

レール留め・ダイヤモンドハーフエタニティリング

四角い形にカットされたプリンセスカット。エメラルドカットにも似ていますが、角が尖っているのが特徴です。ダイヤモンドのカットの詳細についてはこちらをご覧ください。

そのプリンセスカットのダイヤモンドを使用したレール留めハーフ。リング素材は、プラチナ(Pt)、ピンクゴールド(PG)、イエローゴールド(PG)の3点です。

プリンセスカット

プリンセスカット

プリンセスカットは、四角い形で角が尖っているのが特長です。正方形や長方形があります。婚約指輪にも好んで使われます。

レール留め・Ptハーフエタニティリング・プラチナ
レール留め・Ptハーフエタニティリング
レール留め・PGハーフエタニティリング
レール留め・PGハーフエタニティリング
レール留め・YGハーフエタニティリング
レール留め・YGハーフエタニティリング

5月誕生石エメラルドを使用したレール留め・ハーフエタニティリング

プリンセスカットのダイヤモンドと5月の誕生石エメラルドのスクエアカットを使用したレール留めのプラチナ950(Pt)、18金ピンクゴールド(PG)、18金イエローゴールド(PG)の3点です。エメラルドには、画像ではわかりずらいですが、特有のインクルージョンがございます。

レール留め・Ptハーフエタニティリング・
レール留め・Ptハーフエタニティリング
レール留め・PGハーフエタニティリング・
レール留め・PGハーフエタニティリング
レール留め・YGハーフエタニティリング・
レール留め・YGハーフエタニティリング

9月誕生石サファイアを使用したレール留め・ハーフエタニティリング

プリンセスカットのダイヤモンドと9月の誕生石サファイアのスクエアカットを使用したレール留めのプラチナ950(Pt)、18金ピンクゴールド(PG)、18金イエローゴールド(PG)の3点です。
レール留め・Ptハーフエタニティリング・
レール留めPtハーフエタニティリング
レール留め・PGハーフエタニティリング・
レール留め・PGハーフエタニティリング
レール留めハーフエタニティリング・
レール留め・YGハーフエタニティリング

7月誕生石ルビーを使用したレール留め・ハーフエタニティリング

プリンセスカットのダイヤモンドと7月の誕生石ルビーのスクエアカットを使用したレール留めのプラチナ950(Pt)、18金ピンクゴールド(PG)、18金イエローゴールド(PG)の3点です。

レール留め・Ptハーフエタニティリング
レール留め・Ptハーフエタニティリング
レール留め・PGハーフエタニティリング
レール留め・PGハーフエタニティリング
レール留め・YGハーフエタニティリング
レール留め・YGハーフエタニティリング

レール留めハーフエタニティリングのラウンドブリリアントカットのタイプもございます

レール留めダイヤモンドハーフエタニティリング・プラチナ950です。こちらは、ラウンドブリリアントカットのダイヤモンドハーフエタニティです。4分の3ですのでフルエタニティに見える特徴がございます。

ハーフエタニティリング・プラチナ950・レール留め
プラチナ950・レール留めハーフエタニティリング・ラウンドブリリアントカット・斜め
プラチナ950・レール留めハーフエタニティリング・ラウンドブリリアントカット・斜め

まとめ

フルエタニティリングではないがハーフエタニティの形状には近くない。つまり、ハーフでありながらフルエタニティに見える。それが、4分の3のハーフエタニティリングです。
今回のオーダーメイド作品の石留技法は、レール留め。
使用した石は、プリンセカットのダイヤモンドに誕生石(カラーストーン)として、エメラルド、サファイア、ルビーのスクエアカットを使用。またそれぞれにリング素材として、プラチナ、ピンクゴールド、イエローゴールドを用いた作品をご紹介いたしました。

エタニティリングのピンクゴールドの特集はこちらになります。

指輪についてのお問い合わせは以下のフォームからお願いします。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

メールアドレス 確認用(必須)

電話番号(任意)

郵便番号(〒の入力は不要です・任意)

住所(任意)

お問合せ種別 (必須)

商品について納期についてオーダーメイドについてリフォームまたは修理についてリングゲージ無料レンタルその他

参考資料(任意)

3Mバイトまで 、jpg,png,gif形式の画像が添付可能です。オリジナルイメージや写真などをお持ちの場合添付してください。

お問合せ内容 (必須)