他人の指にキラキラと光る大きなダイヤモンド指輪を見ると目を奪われることがあります。


それと同時に「何カラットくらいあるのかな・・・。」「たぶん高いんでしょうね~」なんて心の中でつぶやいてしまう自分がいます。あなたもそんな経験はないでしょうか?

でもですね・・。ダイヤモンドは、数カラットもあれば目が飛び出るほどのお値段になりますが、一般に販売されているダイヤモンドのカラットではそれだけでは一概に言えないところがあります。「どうして?」と思われた方は、引続きそのわけをご覧ください。

・ダイヤモンドにはランクがあります

まず始めに知っていただきたいこと。それはダイヤモンドのカラットとは大きさではなく、重量を示している単位であること。それと、それらだけで値段が決まっていると思われている人もいますが、そうではないことです。

ダイヤモンドの価値を決定しているのは、「グレード」になります。グレードとは日本語にすれば「等級」です。

大きさもあり、グレードが高い美しいダイヤモンドであれば当然その価値も価格も高いものになります。それに比べ同じ大きさでもグレードが低ければ美しさも半減し価格も安くなります。価格には必ず理由があるという事を忘れずにジュエリー選びをお楽しみ頂けましたらと思います。

例えとして「車」と比較してみましょう。

 

車は、同じ車種でもグレードによって色々と異なってくるのはご存知かと思います。外見は同じようでも中身は違います。エンジンでは、排気量やガソリンエンジンとターボ付エンジンなど。シートならファブリックと本革張り、シートヒーター装備が有る、無しなどです。これらは、どのグレードを選ぶかによって決まってきます。またオプション品の選択ができる、できない、ボディーカラーなども選択が限られてきたりします。

これと同じようにダイヤモンドも見た感じは同じようでもグレードで違ってきます。ただ車においては素人でも観察すれば違いが判断できますが、ダイヤモンドでは裸眼では目立つ傷でもなければその見分けがつかないところが厄介な点ではあります。そこで、誰でも見分けがつくようにGIA(アメリカ宝石学会)が評価基準として制定したのが「ダイヤモンドグレード」になります。

・ダイヤモンドのグレードとは何?

ダイヤモンドのグレードといっても、ひとつの視点から見たグレードではなく、4つの視点からそれぞれでグレードが表されています。それが有名な「4C」です。この「4C」とは、カラット(carat)、カラー(color)、クラリティ(Clarity)、そして カット(cut)の4つの英語表記の頭文字を取ったものです。この4つのグレードが高く揃うほどお値段は高くなってまいります。

つまり、単純な見た目のカラット(重量)が同じダイヤモンドであっても、他の3Cの組み合わせによって値段は違ってくるのです。ですから4Cのグレードは販売する側、購入する側の両者にとって、とても大事なものになります。

詳しいダイヤモンドの4Cについては下記ページで解説を致しております。

・どこが4Cのグレードを決めているの

このように値段に大きく関係してくるグレードは、どこの誰が4Cを決めているのでしょうか?誰というと語弊がありますが、先ほどもご紹介しましたが、世界的にはGIA(アメリカ宝石学会)という世界最大で最も広く認められている非営利の宝石学研究・教育機関がグレード認定をしています。そのグレード認定レポートを「ダイヤモンドグレーディングレポート(鑑定書)」といいます。

ダイヤモンドグレーディングレポート
こちらのダイヤモンドグレーティングレポートは中央宝石研究所の見本です。

日本においては、中央宝石研究所がトップシェアで有名です。他にAGTジェムラボラトリーなどもございますが、これらだけではありません。無名の鑑定機関が沢山存在します。

知っておきたい点としては、中央宝石研究所と3流どころではそれぞれが統一された検査体制で行っているわけではありませんので、どこそこのグレーディングレポート(鑑定書)を他の機関に持ち込んでも同じグレードで認められるとは限らないことです。ですから鑑定書があるからといって、どこが発行している鑑定書なのか確認することも購入する上では大切なことです。

当社では、中央宝石研究所及びGIA以外の鑑定は一切取り扱い致しておりません。

・無色透明なダイヤモンドとカラーダイヤモンドは別扱い

ダイヤモンドを想像しますと無色透明を思い浮かべると思いますが、実際には無色透明は少ないのです。ほとんどが淡い黄色か茶色が産出されています。カラーグレードでいえば無色透明の「D」が最も高いのです。グレードの詳細についてはこちらの記事または、こちらの4Cについての解説記事をご覧いただくとして、色のついたダイヤモンドは、ファンシーカラーダイヤモンドといい、これらとは別扱いになります。

「ファンシーカラーダイヤモンド」は、10,000個のダイヤモンドに1つしかありません。主な色として、パープル、グリーン、黒、ピンク、ブルーなどと中間色もあり、それはたくさんの色があります。ファンシーカラーにもGIAレポートがありますが、先ほどご紹介のレポートとは異なり「カラーダイヤモンド・グレーディングレポート」と言います。

それでは次に実際に販売されています高価なカラーダイヤモンドの価格事例をご紹介します。

・ピンクダイヤモンドリングの販売価格

ファンシーオレンジピンクダイヤモンドリング0.58 Ctクッションカットナチュラル18KホワイトゴールドGIA
ファンシーオレンジピンクダイヤモンドリング0.58 Ctクッションカットナチュラル18KホワイトゴールドGIA

ファンシーオレンジピンクダイヤモンドリング0.58 Ctです。価格はUS $56,000。2019年3月時点での為替では、日本円では6,187,850円です。

ファンシーインテンスピンクダイヤモンドリング3.29 Ct

こちらは3.29 Ctのピンクダイヤモンドリングです。価格は、なんと390,400ドル、2019年3月時点での為替では、日本円で43,138,122円です。

両者を比較しますと、カラットは約6倍違うにしてもだいぶ差がありますね。GIAの評価では、深みがあり明瞭な色合いは、弱い色合いや淡色よりも高く評価されるからです。回りに彩られたダイヤモンドの合計カラットが不明なので何とも言えませんが、こちらの差も大きいのではないかと考えられます。

次は、グリーンイエローのファンシーカラーダイヤモンドです。4.76カラットあります。

お値段はUS$70,000.00、日本円で 7,734,807円です。3.29Ctのピンクダイヤモンドと比較しますとだいぶ差があります。ピンクのほうが希少価値が高いのでこのような差が出ます。

ダイヤモンドの価値基準はカラットだけでは決められていない点について説明してまいりました。カラットだけでなく、カラー(color)、クラリティ(Clarity)、カット(cut)の組合せで異なってくること。そして、無色透明なダイヤモンドとファンシーカラーダイヤモンドでは評価基準が別になるため、価格基準も別で違っていることをご紹介いたしました。

弊社エタニティは、エタニティリングや結婚指輪などのオーダーメイド・デザインオフィスです。


先にご紹介しましたようなダイヤモンドリングの制作も可能です。ここでご紹介しましたようなご予算だけではなく、個々のご予算に応じて承っております。同じ予算でも他よりワンランク上の素敵なオーダーメイド指輪を作成いたします。ぜひ既製品を購入される前にお問合せください。

・全国対応!当社に来店頂けなくてもご安心ください

遠方の為に来店頂けない方や、時間が取れなくてご来店いただけなくてもご安心ください。当社では、メール等で完成イメージをご案内しておりますので、ご自宅等でゆったりとした時間に見てイメージを膨らませることが可能です。ご希望のデザインがございましたら、写真や手書きデザイン等をお送りくださればデザインをご提案致します。

お客様の想いを形にします。ご相談を頂いたご希望でデザイン設計をして写真をご用意致しますので遠方の方でもメールやLINEで簡単にイメージを確認する事ができます。ご相談無料です。お気軽にご相談をお願い致します。

・下記フォームからお気軽にお問合せください