結婚することが決まり、結婚式を行う場合に、いつ、どこでする、誰を招待するなど決めることはたくさんあって、結構忙しいです。

その中には結婚式と言えば、儀式として指輪の交換がございます。そのため「結婚指輪(マリッジリング)」の用意しておかなけばばりません。

そこで、いつのタイミングで買えばいいのか、どこで買うのか、支払いについてや判断材料として何を重視して買っているのかなどについての検討や知っておかなければいけないと思いませんか。

まずは、すでに購入された先輩たちは、どのようなタイミングで購入されているのか調べてみました。

結婚指輪(マリッジリング)をいつ買うについて

結婚指輪をいつ買うのかのタイミングについては、こちらの記事にもございますが、2018年版が発表されましたので最新版を載せました。

検討開始時期と購入決定のタイミングの調査

結論から申し上げますと、結婚指輪(マリッジリング)の購入検討開始時期は、挙式の8.7か月前、決定時期は6.9ヵ月が平均となっています。

情報提供元:ゼクシィ結婚トレンド調査2018 首都圏

検討開始時期挙式の13カ月以上前
12.9%
決定時期挙式の13カ月以上前
7.9%
検討開始時期挙式の12カ月以上前
10.7%
決定時期挙式の12カ月以上前
5.9%
検討開始時期挙式の11カ月以上前
3.7%
決定時期挙式の11カ月以上前
2.3%
検討開始時期挙式の10カ月以上前
8.3%
決定時期挙式の10カ月以上前
6.7%
検討開始時期挙式の9カ月以上前
7.5%
決定時期挙式の9カ月以上前
4.5%
検討開始時期挙式の8ヵ月以上前
7.9%
決定時期挙式の8カ月以上前
7.7%
検討開始時期挙式の7ヵ月以上前
8.7%
決定時期挙式の7カ月以上前
6.8%
検討開始時期挙式の6ヵ月以上前
14.7%
決定時期挙式の6カ月以上前
11.9%
検討開始時期挙式の5ヵ月以上前
9.6%
決定時期挙式の5カ月以上前
10.8%
検討開始時期挙式の4ヵ月以上前
6.5%
決定時期挙式の4カ月以上前
11.3%
検討開始時期挙式の3ヵ月以上前
5.2%
決定時期挙式の3カ月以上前
13.2%
検討開始時期挙式の2か月以上前
2.4%
決定時期挙式の2カ月以上前
6.7%
検討開始時期挙式の1ヵ月以上前
0.9%
決定時期挙式の1カ月以上前
2.9%
無回答
1.1%
無回答
1.5%
購入開始検討時期の平均は挙式の8.7カ月前
決定時期の平均は挙式の6.9カ月前

結婚指輪(マリッジリング)はどこで買っているの?

それでは、結婚指輪(マリッジリング)をどこで買ったかの場所についてです。
結婚指輪(マリッジリング)は、指輪ショップの路面店やオンラインショップなどで購入できますが、先輩方の皆さんはどこで購入されたのでしょうか。調査結果は、ゼクシィトレンド調査2018の全国平均より。

百貨店の海外ブランドショップ・コーナー
12.3%
独立店舗の海外ブランドショップ(路面店)
7.3%
ファッションビル・駅ビル・ショッピングモールなどの海外ブランドショップ
1.7%
百貨店などの国内ブランドショップ
11.5%
独立した店舗の国内ブランドショップ(路面店)
31.6%
ファッションビル・駅ビル・ショッピングモールなどの国内ブランドショップ
7.5%
セレクトショップ
4.5%
一般宝飾店
11.2%
雑貨アクセサリー店
0.3%
ディスカウントストア・家電量販店
0.1%
ジュエリーデザイナー
4.7%
インターネット・雑誌の通販
0.5%
その他
3.4%
わからない
1.3%
無回答
2%

※ ちなみに当社エタニティは、一般宝飾店、ジュエリーデザイナー、インターネットに該当します。

何を重視して買っているの?

結婚指輪(マリッジリング)のデザインなのか、値段なのか、何を重視されて購入されているのでしょうか。調査結果は、ゼクシィトレンド調査2018の全国平均(結婚指輪購入者/複数回答)より。

デザイン
92.4%
価格
46.3%
リングの素材
31.7%
リングの品質
28.8%
ブランド
22.7%
その他
7.3%
わからない
0.5%
無回答
0.1%

結婚指輪の決定はデザイン重視だとわかりましたが、それではどのようなデザインを重視したのかについてです。

「シンプルで清楚なデザインであること」が71%で最も高く、「重ねづけができるデザインであること」が39%、「プラチナ素材であること」が38%、「流行りすたりのないデザイン」32.4%、「ダイヤモンドのついているデザイン」29.4%、「細身のデザイン」28.9%と続いています。

※ この調査結果に流されて「シンプルな結婚指輪」を購入されるのも悪くはありませんが、後悔しないようにご自分が本当に気に入った好きなデザインなのかをしっかりと確認することをお勧めいたします。

結婚指輪(マリッジリング)買うためのお金をどうするか

だいぶ長くなりましたが、最後に「お金」についてです。

こちらの記事に載せていますが、結婚指輪(マリッジリング)の平均購入額は、2017年の調査では、2人分で20万円~25万円未満の購入者割合が30.7%と最も高く、平均購入額は、24.9万円となっています。

この金額ならば、問題なく出せる人は多いでしょうが、できることならばなるべく支出を少なくしてよい物を手に入れたいと思いますよね。安くて高品質な結婚指輪(マリッジリング)などありませんから・・・。

その場合の方法として、知人が行った方法2点をあげましたのでご参考までにどうぞ。聞いた話をそのまま載せています。

  1. 生命保険を解約した
  2. 自己アフィリエイトでクレジットカードを作成した

この2つで、予算よりだいぶ品質の良い買い物がきたとのことです。

「生命保険について解約してもよいと思ったのは、健康状態に問題がなく、新たに加入した場合に他の保険会社で安くなることがわかったから。それと全額掛捨てではない終身保険の部分が主で、契約して3年ほどだったが解約金として30万円ほどあったから」とのことです。

なるほです。
同じような保障で保険料が安くなるのであれば解約して現金にするのも確かにひとつの方法ではあります。

クレジットカードについては、すでに持っていたけど、他の会社のクレジットカードが欲しかったので、この際にと思い自己アフィリエイトで作った。たしか5,000円ほど受け取ったが、年会費無料のものを選ばないと後で損するからそこは注意した」とのこと。

欲を出せば、もうひとつ保険の加入時にファイナンシャルプランナーに相談すれば1万円ほどゲットできる方法もあったとのことですが、それはされなかったようです。

※保険の解約を推奨しているものではありません。また解約についてはリスクを伴いますので自己責任でお願いします。

まとめです

まとめますと、結婚指輪(マリッジリング)の購入検討開始時期は、挙式の8.7か月前。決定時期は6.9ヵ月が平均。平均検討期間は1.8ヵ月間となっています。

購入した割合は、独立した店舗の国内ブランドショップ(路面店)が31.6%と最多で、次いで百貨店の海外ブランドショップ・コーナー12.3%、国内ブランドショップ11.5%が互角となっています。

結婚指輪(マリッジリング)で重要視した割合はデザイン92.4%で、中でもシンプルで清楚なものを選択されている方71%と多いことがわかりました。

最後に、当店エタニティでも1995年から結婚指輪(マリッジリング)を販売しています。地金をたっぷりと使い、リング細部の作りから、小さなダイヤモンド(メレダイヤ)の厳選した選択まで一貫してこだわった結婚指輪(指輪全般)です。それもお客様に永くご愛用していただきたいという想いからです。ぜひ、結婚指輪(マリッジリング)をご購入の際は当店も加えてご検討いただけましたなら幸いです。

2019年新作・シンプルな結婚指輪(マリッジリング)

シンプルな結婚指輪(マリッジリング)さざなみ・プラチナ950
当店のオーダーメイドデザイン
プラチナ950・さざなみ
シンプルでカッコいい結婚指輪・プラチナのペアリング「トルテュ・ド・メール」
当店のオーダーメイドデザイン
プラチナ950・トルテュ・ド・メール

お問合せ

[contact-form-7 id="320" title="お問合せフォーム"]