アンケート(ゼクシィ 結婚トレンド調査2017調べ)によりますと、結婚指輪(マリッジリング)を購入した70%前後の女性がダイヤモンドのある指輪を選択しています。この数字は、毎年ほとんど同じ率で推移しています。つまり10人のうち7人はダイヤモンドのある結婚指輪を選択していることを示しています。

ダイヤモンドのある結婚指輪(マリッジリング)と言っても、婚約指輪と違い、大きめなダイヤモンドが付いているわけではありません。メレダイヤという小さなダイヤモンドがあしらわれているもので、下記画像のようにデザインは様々です。

たとえば、ダイヤモンド1石だけのものもあれば、クロスさせたもの、等間隔のもの、アングルに入れたものなどがあります。

そこで今回は、まずはダイヤモンドの配置事例をご覧いただき、その後にプラチナ、イエローゴールド、ピンクゴールド別にご紹介いたします。

石なしの結婚指輪(マリッジリング)はこちらのページでご紹介しています。

ダイヤモンドの数と配置の違いのよるデザインを比較

1、シングル

ダイヤモンド指輪・シングル

2、ドット

ダイヤモンド指輪・ドット

3、アングル

ダイヤモンド指輪・アングル

4、トリプル

ダイヤモンド指輪・トリプル

5、ハート

ダイヤモンド指輪・ハート

6、クローバー

ダイヤモンド指輪・クローバー

7、ゼブラ

ダイヤモンド指輪・ゼブラ

8、エタニティ

ダイヤモンド指輪・

9、ラウンド

ダイヤモンド指輪・ラウンド

10、スクエア

ダイヤモンド指輪・スクエア

11、クロス

ダイヤモンド指輪・クロス

上記でご紹介していますそれぞれのタイプのダイヤモンド個数をご希望により増やしたり、減らしたりすることが可能です。

次にダイヤモンド結婚指輪(マリッジリング)のデザイン(商品)をご紹介させていただきます。

ダイヤモンド結婚指輪(マリッジリング)・プラチナ

ダイヤモンド結婚指輪(マリッジリング)・イエローゴールド

ダイヤモンド結婚指輪(マリッジリング)・ピンクゴールド

ダイヤモンド結婚指輪(マリッジリング)をペアでご紹介しておりますが、男性だけ、または女性だけでのご購入も可能です。

指輪の内側に誕生石を入れる。あるいはリングの表面を艶消し加工にする、一部を鏡面加工にするなどのセミオーダーについては下記からお問合せください。