6月になると結婚式を挙げるカップルが多くなります。ジューンブライド(6月の花嫁) はしあわせになれるという言い伝えがあるからでしょうか。

日本では結婚式の祝辞に「雨降って地固まる」という故事がよく登場します。元々は揉め事の後はかえって良い結果や状況が安定するという意味ですが、結婚式には雨が降ると縁起がいいといわれています。そんなところからも、雨の日が多くなる6月は結婚式を挙げるにはいい月かもしれません。

ジューンブライドにはロマンチックな響きがあります。友人が6月に結婚した。自分も結婚を考えているし、そろそろ彼女へのプロポーズを決心しようか。どうせならドラマチックに婚約指輪(エンゲージシング)を贈りたい……。そう思っている男性もいるでしょう。だけど男性がひとりで婚約指輪を選ぶのにいろいろ不安があるのも正直なところです。

今回はエタニティのエキスパートが豊富なコンサルタント経験から、男性が婚約指輪を選ぶ時のポイントを解説いたします。人生最大のイベントであるプロポーズを決心したすべての男性が成功するお手伝いができれば幸いです。

ジューンブライドの由来

英語の6月June(ジューン)はローマ神話の女神Juno(ユーノー)か語源です。ユーノーはギリシア神話のヘラ、神々の王ゼウスの妻です。

ゼウスの浮気に悩まされ嫉妬深いエピソードの数々を持つヘラですが、結婚と出産を司る女神であり、愛情深い夫婦には大いなる守護を与えます。よく知られているのはテッサリアの王妃ハルキュオネと夫ケユクスの物語でしょう。二人は女神ヘラを深く敬っていました。ある時、航海に出たケユクスが亡くなった知らせを受けると、ハルキュオネは海に入って夫のあとを追おうとしました。哀れに思ったヘラは二人を美しい羽をもつ翡翠(カワセミ)に変え、再び連れ添えるようにしてやったのです。

6月に結婚するかどうかは別に、信頼と愛に満ちた結婚の花嫁はみな女神ヘラの祝福を受けたジューンブライドです。

独身女性を対象にした調査で、プロポーズの際に婚約指輪があって欲しいと答えた人は全体の6割以上という結果が出ています。やはり女性にとって婚約指輪は愛の誓いをあらわす意志の印として、贈られたら特別な感動を呼ぶものなのです。(出典:https://www.xing-flower.com/blog/propose/11591.html )

こちらのリングは両側から2本のパヴェ (メレダイヤを敷きつめたもの) の輪がハートシェイプをつくって出会い、センターストーンのピンクダイヤモンドで結ばれるデザインになっています。メレダイヤの清楚なきらめきとピンクの甘い色調は、見つめているとロマンチックなプロポーズのシーンがいつも心に浮かぶリングとなるでしょう。

センターストーンは女性の誕生石やお好きな石にするもの魅力的かもしれません。またリング素材もプラチナの他にピンクゴールド (PG) やイエローゴールド (PG) もあり、ご要望にそってオリジナリティの光る婚約指輪をおつくりいたします。

男性が婚約指輪を選ぶ時のポイント

男性にとってプロポーズは世紀の一瞬、人生で最高のシーンにする!という意気込みが漲ります。さて、愛する人に婚約指輪はどのように贈るか、ここは大きく2つに分かれるところです。1つはその日まで秘密にしておき、サプライズで手渡したい向き、もう1つは彼女と一緒に選びたいという向き。どちらにも長短があるので、さらに詳しく解説していきます。

・思い切ってサプライズ派

アンケート調査によると婚約指輪を贈った男性の4割以上がサプライズで直接手渡したという結果があります。やはりプロポーズはドラマチックに演出したい男性は多いようです。ただサプライズの場合、ひとりで指輪を買いに行くので、彼女のリングサイズや好みを知っておく必要があります。リングサイズならともかく、予算のことや相手の細かい好みまでは自信がないなど、サプライズ派が不安に感じるところです。

まずは親身になって要望を聞いてくれるジュエリー店を探しましょう。エタニティは数多くの男性に婚約指輪のコンサルタントをした経験から、みなさまの悩みを隅々まで理解し、サプライズにこだわる男性を100%応援します。準備万端、最高のプロポーズにしてください。

・彼女と一緒に選ぶ派

男性には根強い人気があるサプライズですが、女性は約7割が一緒に選びたいというアンケート結果も出ています。彼女と選べばリングサイズはバッチリ、なにより好みを細かく探る必要もないので手堅い選び方です。

半面、ドラマチックさに欠けると感じる男性もいるでしょう。そんな時は、一緒に指輪を選んだ帰りにレストランでロマンチックに時を過ごしたり、夜景のゴージャスなホテルに招待したりといった特別の場を設ければその日が二人にとって忘れがたい思い出になります。

婚約指輪を二人で選ぶ場合でも、信頼のおけるジュエリー店を見つけて相談することが重要です。

ダイヤモンドはジュエリーの王道、婚約指輪も例外ではありません。花の房をイメージするメレダイヤを両脇にたずさえ、真ん中に女王のようなブリリアントカットのダイヤモンドをあしらいました。角度によって輝きがさまざまな表情をみせるリングは、その気品に満ちたたずまいで生涯愛用できるおすすめの品です。

見た目とともに、リングのなめらかな着け心地も楽しんでいただけます。厳選された高品質のダイヤモンドだからこそ、特別な人にふさわしい美しさを誇れます。未来のジューンブライドに選んで欲しいリングです。

プロポーズの花

プロポーズの言葉に添える花で断トツの人気はバラです。真紅のバラは愛の情熱、白は純潔の心という花言葉があるようです。どの色も素敵で迷ってしまいますが、甘くロマンチックなムードに似合うピンクのバラは格別です。花言葉は「愛を誓う」。婚約指輪をクライマックスに演出する花の色は、きっとしあわせな記憶となり永遠に心に刻まれるでしょう。

(出典:http://www.xing-flower.com/blog/propose/11558.html 

ハートシェイプのダイヤモンドを並べたエタニティリング、高級感の中に洒落た遊び心のうかがえるデザインです。「こんなにたくさんのハートでなければ、あなたへの愛はあらわせません。」というメッセージのようで、そんなウィットに富むユーモアのあるあなたが好き、という女性にはとても喜ばれる婚約指輪になるでしょう。

3.0mmのダイヤモンドを並べたフルエタニティリングは、将来フォーマルな場で身に着けても充分な存在感とクオリティがあるものです。ハートの一つひとつに愛の告白をこめて贈るには最高の一品ではないでしょうか。

ご要望により石のサイズや個数を変えることは可能ですので、ご相談ください。

アフターケアで最後までご安心ください

当然のことながら、プロポーズの場面は人の数だけあります。同じものは2つとありません。決行の日まで秘密にしておき、突然のサプライズで未来の花嫁を驚かせその指に婚約指輪をはめた。最高の瞬間です。しかし、リングサイズがどうも合わなかった....。

どんなに念を入れたつもりでも、このようなことは起こりえます。でもご安心ください。エタニティはその時のため、アフターケアとして婚約指輪のサイズ直しをさせていただいております。1~2号程度のサイズ直しであれば対応可能です。また他にもエタニティのエキスパートは、コンサルタントを通し婚約指輪のさまざまなご要望にお応えしてまいりました。アフターケアについても個々のケースで柔軟に対応しております。メールやLINEでのリモートのご相談やWeb注文もご来店いただくのと同じサービス内容で対応させていただきますので、まずはお気軽にお問い合せください。

エタニティではオーダーメイドに特別な代金を頂くことはありません。一番費用のかかるデザイン設計及び原型制作は全て自社で全て行い原型制作費は一切頂いておりません。その分、ご予算に余裕が出た分でワンランク上の石をお選びいただくことができます。

一緒に婚約指輪の演出を考えさせていただいた男性からプロポーズ成功のお声を聞くことが、当社にとっての任務完了です。未来のジューンブライドに真摯な愛を誓う男性に、女神のご加護があらんことを!