ファッションリングとは?

ファッションリングとは、どんな指輪なのでしょうか。
その名の通り、ファッションとして身に着ける指輪のことを言いますが、特に定義はございません。

よく結婚指輪とどう違うのか引き合いに出されますが、結婚指輪は耐久性を考え、950や900のプラチナ、18金ゴールドなどの素材を使用されるのがほとんどです。そしてペアで揃えられたものが一般的で、愛を誓いあう意味が込められています。

ファッションリングもペアとしてあります。ただし素材は、結婚指輪(マリッジリング)と同様にPt950やK18もありますが、他にステンレスやシルバー、10Kなども多くあります。そして世間的に認知されているような意味はありません。

また結婚指輪は長年着けることと、毎日の普段使いも考え、シンプルデザインを選択される人が多いです。一方、ファッションリンのデザインは流行により変わったり、値段もピンからキリまであります。

もちろん、ファッションリングとうたっているペアリングを結婚指輪にされても、本人たちの意識次第ですからまったく問題ありません。

それでは、どうしてエタニティリングがファッションリングにも向いているのかについての理由です。

エタニティリングがファッションリングにも向いている理由

エタニティリングは、結婚指輪にも婚約指輪のどちらにもでき人気がありますが、デザイン上華やかさがあるので、その面から見てもファッションリングとしてもうってつけの指輪です。

独身でも男性でもOK

エタニティリングは、既婚の女性のみならず、独身でも、男性でも誰が着けても違和感がありません。その理由として、例えば指輪を左手薬指に着けていれば、結婚指輪と認識されますし、一粒ダイヤであるソリティアリングはどの指に着けても、婚約指輪と認識されるのが一般的です。エタニティリングは、どの指に着けても、そのように認知されないからです。

どんなファッションにも似合う

次にエタニティリングがファッションリングとしても向いている理由として特徴にもあります。
それは、どんなファッションにも合うことです。ファッションを選ばないと言ったほうがわかりやすいでしょうか。

ですから、このファッションだとこのファッションリング、こっちだとこのリングが似合うとか、その都度悩んだり気にしたりする必要がありません。

重ね付けがしやすい

いかようにも重ね着けができるのがエタニティリングの特徴です。

  • シンプルな結婚指輪(マリッジリング)にフルエタニティ、またはハーフエタニティの重ね着け
  • メレダイヤがあしらわれた結婚指輪(マリッジリング)に・・・
  • 婚約指輪に・・・
  • フルエタニティにフルエタニティ、ハーフエタニティにハーフエタニティ、その組合せの重ね着けで豪華にすることができます。

普段使いもできる

ハーフエタニティリングなら手のひら側は地金だけになりますので、職業にもよりますが、普段使いも問題ありません。さらにレール留めであれば、ダイヤモンドがリングに守られている部分が多くなり、より安心できます。

まとめ

まとめますと、エタニティリングがファッションリングとして向いている理由は以下の点によります。

  • デザイン上、華やかさがある
  • 誰が着けても違和感がない
  • ファッションを選ばない
  • 重ね着けがしやすい
  • 普段使いもできる