4Cとダイヤモンドの輝きとの関係

ダイヤモンドの4Cとは、ダイヤモンドの評価基準の一つです。Carat(重量)、Color(色)、Clarity(透明度)、Cut(全体的な形のバランスと研磨の仕上げの状態)の頭文字を取って4Cと呼ばれています。4Cの評価バランスが優れているダイヤモンドほど高く評価されます。

4Cは取引上の重要な評価基準です。しかし、実際には4C以外にもダイヤモンドの輝きを左右する条件があり、同じグレードでも、個体によって輝きの違いがあります。

エタニティでは4Cだけではなく、その他輝きに関する評価もしっかりチェック。より美しいダイヤモンドを厳選してお届けするように日々努力しています。1石ずつしっかり確認してジュエリーを作ることが、お客様の満足につながると確信し、当社は日々チェックをしています。

4Cだけではない、ダイヤモンドへのこだわり。お客様に最高の輝きを


美しいダイヤモンドをお客様にお届けするため、エタニティはダイヤモンドのクオリティに徹底的にこだわります。4Cだけでは見えない部分の評価も総合的に見た、本当に美しい輝きを提供できるダイヤモンドを厳選。お客様に間違いのない最高の輝きをお届けするのがエタニティの使命です。

一般的に、ダイヤモンドについて説明する際他のジュエリーショップでは4Cを強調することがほとんどではないでしょうか。しかし、輝きの要素は4Cだけでは決まりません。

例えば、同じ4Cのグレードなら、輝きに影響のある位置に内包物があったとしても、4Cの評価自体は同じです。しかし、実際には輝きが変わってきます。このように、4Cでは同じグレードでも輝きが違うダイアモンドが混在しているのです。

エタニティでは独自の厳しい基準を設け、自身の目で確認して仕入れ、お客様の手にお届けするまで何度もルーペで確認しながら一点ずつ検査を実施しています。この過程を経ることで、同じグレードの中でも、お客様の手元により輝きの素晴らしいダイヤモンドをお届けできるのです。

店舗では、お客様自身に専用のスコープでダイヤモンドの内部まで見て、その輝きを確認してから購入いただくようにします。通常10倍の拡大ルーペを利用しますが、エタニティでは20倍のルーペで確認いただけます。