ダイヤモンドには、たくさんのカットがあります。その中で一番美しく輝くカットが、ラウンド・ブリリアントカットになります。

カットが施された面(ファセット)は全部で57あります。(キューレットが面取されていますと58面)

ラウンド・ブリリアントカットを歴史的に見ますと、1919年にベルギーの宝石職人・マルセル・トルコフスキーが、美しく輝くダイヤモンドというのはどんな形でどんな角度のものか計算して見つけたのがブリリアント・カットの形です。これが現在の形の元になっています。

それらの各面と各部位に名称がありますので図で分かりやすく説明いたします。

ラウンド・ブリリアントカットダイヤモンドの各面と各部位の名称

ラウンド・ブリリアントカットの部位の名称は、ガードルを挟んで上側を「クラウン」。下側を「パビリオン」と言います。下図でご確認ください。

そして各面には次の名称があります。

「クラウン部分のファセット」

  • テーブル
  • スター
  • アッパーガードル
  • ベゼル

「パビリオン部分のファセット」

  • ローワーガードル
  • パビリオン
  • キュレーット

下の図でご確認ください。

ラウンド・ブリリアントカット・ダイヤモンドの各面と各部位の名称図

ラウンド・ブリリアントカットを上(クラウン側)と下(パビリオン側)から見たときの面(ファセット)

ラウンド・ブリリアントカットのダイヤモンドを横から見ただけですと各ファセットの関係がわかりずらいと思いますので、上(テーブル面)と下(キューレート側)から見た各面の説明図をご覧ください。

ラウンド・ブリリアントカット・ダイヤモンドを上と下から見た各面の名称説明図

ダイヤモンドの輝きはプロポーションが大きく関係する

ラウンド・ブリリアントカットのダイヤモンドが最大限に美しく輝くためには、プロポーションが大事です。

では、最大限輝きが美くなるプロポーションとは、どのようなプロポーションを理想としているのでしょうか。それが、下図の数値です。

ダイヤモンドの理想のプロポーション(ラウンド・ブリリアントカット)

プロポーションが悪いと光はどうなるのか

プロポーションがよくありませんと、ダイヤモンドに差し込んだ光は戻ってこずに、直下やパビリオン側などに抜けてしまいます。抜けてしまう分輝きが失われてしまうため、理想のプロポーションのダイヤモンドとは輝きが大きく違ってしまいます。

具体的に申しますと、パビリオンが深すぎる、または浅すぎるプロポーションでは、光は上に戻ってこないため輝きが悪いダイヤモンドとなってしまうのです。下図においては、深いプロポーションという表現ではわかりずらいため「厚い」、浅いは、扁平(へんぺい)と表記していいます。

プロポーションの違いによる光の反射具合

値段が安いダイヤモンドというのは、研磨状態がよくない、透明度がよくない、プロポーションがよくない、カラーが薄い黄色など何らかしらの理由があります。

特にエタニティリングなどのダイヤモンド指輪はダイヤモンドが中心ですから、お値段が安いというのは、それなりのダイヤモンドが使われていると考えておくべきでしょう。

以上、ラウンド・ブリリアントカットが施されたダイヤモンドの各部位と各面の名称、理想のプロポーションの説明でした。

エタニティからのご案内

エタニティでは、ブランドと同等、もしくはそれ以上に美しく輝くダイヤモンドを使った指輪をオーダーメイドでしかも安価にてご提供しています。安価で提供できる理由はこちらでご確認いただけます。

有名ブランドで販売されている価格を100としますと、エタニティでは、おおよそ30~50になります。もちろんリングの作りも含めて品質では劣らずご提供しております。ぜひこの点についてご来店いただきオーバーな表現がどうか、お確かめいただければ幸いです。

また当社では、「どこに着けて行っても恥ずかしくないダイヤモンド指輪」、そして「ダイヤモンドの輝きが素敵で目にする度に幸せな気持ちになっていただきたい、そんな品質の良いものを安価でお届け(制作)すること」をポリシーとしております。

ダイヤモンド指輪であるなしにかかわらず指輪をやネックレスなど購入される機会がございましたら、ご用命いただければ幸いです。

エタニティ代表 兼ジュエリーデザイナー:桑原靖典