同じ原石から生まれた2つのダイヤモンドをふたりで

  • Eternity
  • 2018年2月12日
  • 同じ原石から生まれた2つのダイヤモンドをふたりで はコメントを受け付けていません。
  • ブログ

永遠の愛を見つめ続けるツインダイヤモンド

天然ダイヤモンドの結晶は、木の年輪のように成長の模様が見られます。地球の深部で成長した天然ダイヤモンドは、地表に出てくるまでに温度や圧力など自然の環境変化を受けますので成長過程は同じではありません。成長模様は極めて複雑。指紋と同じで、成長模様が一致するダイヤモンドは存在しないという特徴を持ちます。

この成長模様は、同じ原石からカットした2つのダイヤモンドをそれぞれ近い場所から採取していれば、同じ成長模様を見ることも可能です。この成長模様を特殊な装置で確認することで、「同じ結晶から採取した」とう証明もできます。

 

出展 中央宝石研究所

 

このように、同じ結晶から採取した2つのダイヤモンドのことを、エタニティでは「ツインダイヤモンド」と呼んでいます。中央宝石研究所の鑑定書でも、ツインダイヤモンドについて証明可能です。

 

出展 中央宝石研究所