Q: 先日、ダイヤモンドの0.3、0.4、0.5カラットを比べている画像を発見しました。そんなに大きさが変わらなかったのですが、実際に変わらないのでしょうか?

A: ご質問ありがとうございます。「0.3、0.4、0.5と比べている画像」とのことですが、どのような画像でどんな説明の物を見たのか分からないのではっきりと申しあげられませんが、大きさがそんなに変わらないと言う事はございません。

ダイヤモンドのカラットというのは大きさでなく「重さ」のことなので、例えばご覧頂いた画像の0.3Ctが厚みが薄いダイヤモンドであれば正面から見た直径は大きくなる傾向にあり、逆に0.5Ctのダイヤモンドが厚みのある物であれば、正面から見た直径は小さくなります。このようであれば、写真で比べればそんなに大きさは変わらないと言う理論となります。

しかし、当然のことながら厚みが適正ではないダイヤモンドはカットが悪く、品質の悪い物となり美しい輝きは得られません。そのようなダイヤモンドは価格も安さを強調して販売される為に惑わされがちではあります。当社では絶対にお奨めはしない品質であり取り扱いも致しません。

ラウンド・ブリリアントカットの理想のプロポーション

 

ダイヤモンドの理想のプロポーション(ラウンド・ブリリアントカット)

数値だけでは判断できない事があり、または価格には必ず理由がございます事を合わせましてご理解を頂けましたら幸いです。ダイヤモンドの価格は品質及び大きさ(重量)で価格が変わります。価格を抑えるには、大きさを抑える(直径、重量)か品質を抑えるしか方法はありません。しかし、当社がお客様にお勧めする際には、目先の価格にとらわれず無理のない範囲で出来るだけご希望に合う品物をお選び頂くようにお奨め致しております。妥協して購入してしまうと必ずもっと大きいもの、もっと綺麗なものとなり結局今回のお買い物が無駄になってしまう可能性があるからです。

キラキラのトリプルエクセレントのダイヤとプロポーションの関係
カットと輝きの関係については、こちらのページで詳しく掲載しています。