真夏の太陽に熱せられた外気の中にいると、ほんの短い間でもすぐに渇きがくるこの時期、水の補給は欠かせません。季節に限らず、水は生物が生きるために欠かせない物質です。人間の体は60~70%が水分、まさに「命の水」です。

水は私達に癒しを与えてくれるものでもあります。澄んだ水を浴びると、体と心が清められるような気分になるものです。また、水を見ていると心が落ち着いてくることも。私達はどこかで、透明感のあるものに魅(ひ)かれます。

宝石の中で最も高い透明感を誇るのはダイヤモンドです。ハイクオリティのダイヤモンドの条件には、高いクラリティ(透明度)があります。見つめているとどこまでも吸い込まれていくような深い透明感こそ、宝石の王たる所以(ゆえん)なのです。水、ダイヤモンド、透明なものの持つ力を一緒に追ってみましょう。

水の精 ルサルカ

水の精の伝説は世界各地に伝えられています。みな若くて美しい乙女の姿をしており、ほとんどが悲しい話です。フーケの書いたファンタジー「ウンディーネ」も悲恋の物語ですが、ウンディーネの話をもとに、ドヴォルザークはオペラ「ルサルカ」を作曲しました。

王子に恋をした水の精ルサルカは、魔法使いに頼んで人間にしてもらいます。代わりに口がきけず、王子がルサルカを裏切った時は二人とも水に沈まねばならないのが条件でした。王子は美しいルサルカに恋をして結婚しますが、口をきかないルサルカを冷たい心の持ち主と思い、祝宴に来ていた他の国の王女に心移りしてしまいます。絶望したルサルカは水の精たちに池の中へ連れて行かれ、ルサルカの父から呪いをかけられた王子は恐れおののいて王女に助けを求めますが、王女は冷たく去って行きます。

ルサルカは魔法使いのもとへ行き、水の精に戻るには王子の血が必要だとナイフを渡されますが、ルサルカは王子を殺すことはできません。ルサルカを求めて森の湖に来た王子は、水の精たちから自分の犯した罪を聞かされます。王子はルサルカに口づけを求めます。それは死を意味するのだとルサルカは言いますが、王子の心は変わりません。ついに二人は口づけを交わし、水の中へ沈んでいきました。

ルサルカが歌う「冷たい水の中で生まれた私は、王女のような情熱を持ち合わせていないのに。」は、水の精の悲しい宿命だったのです。そして最後に、ルサルカは死と引きかえに情熱に身を投じたのでした。

二つのエタニティリングが美しいフォルムを描いて交差したトップに大きいサイズの石をあしらい、ダイヤモンドの透明な輝きを強調した美しいリングをつくりました。トップの石をアイスブルーのダイヤモンドにするなど、清涼感が添えられて一段とお洒落でしょう。

高級なファッションリングとして使える他、婚約指輪にもたいへん喜ばれるデザインです。エキスパートが厳選した高品質のダイヤモンドだから、エタニティは石のクラリティ(透明度) には自信があります。クールだけど情熱を秘めた魅力的な貴女に着けて欲しいリングです。

ピュアな癒し

透明なものを通して見る光景は、どこか別世界という感じがします。水にはゆらぎがあり、光を反射し、自由なフォルムをつくっては消えまたあらわれる心地よさが、見る者に癒し効果をもたらします。

水に色はありませんが、水色というと空の色を映した澄んだ淡いブルーです。他にも水にちなんだ色名はアクア、アクアグリーン、ファウンテンブルー、リバーブルーなどがあります。青は心を落ち着ける色、静寂、冷静、清涼というイメージをもつ色です。

ピューリティ(純粋度) はあらゆるところで求められてきたものです。光を通すピュアなものに心が洗われる感じがするからでしょう。水とダイヤモンドの透明感は、私達を魅了しつづけます。

アイスブルーとホワイトのダイヤモンドを組み合わせ、清涼感に満ちたハーフエタニティリングをつくりました。ダイヤモンドの輝きを最も発揮するといわれるラウンド ブリリアントカットとPt950プラチナのリング台が、ストーンの美しさをさらに引き立てます。

夏のお出かけや集まりに身に着けて洗練されたピュアな涼しさを演出、一度見たら忘れられない印象をみんなに残すことでしょう。ブルーウォーターを愛する方にエタニティがおすすめするリングです。

アイスブルーのダイヤモンドは、天然ダイヤモンドですがトリートメント処理(人工的な方法で宝石の色を変える技術)で着色した人工着色石です。他にもブルー系のダイヤモンドには深い紺色があり、色調に強いアクセントをつくります。ストーンはお好みの組み合わせが可能ですので、ご相談ください。

※写真の製品に使用のダイヤモンドは「HC) Fカラー / VS1 / Excellent(H&C)相当」となりますが、アイスブルーダイヤに関しては同品質のダイヤモンドが入手困難の為に「VS) VS1 / Very Good」相当の品質となります。

エタニティはコンサルティングを通し、全ての製品は丁寧にご要望をおうかがいした上で原型から製作しています。完全オーダーメイドで、お客様にとって世界に一つの特別なジュエリーを全ての想いを込めてかたちにいたします。

高価なイメージのオーダーメイドですが、当社では通常最も費用のかかるデザイン設計及び原型制作も全て自社行い、原型制作費は一切かかりません。

デザイン・企画・輸入買付・製作・販売を全て自社で行い余計な費用がかからないことで、可能な限りお求めになりやすい価格でご提供できるようにしております。最高の輝きをお届けすることが、エタニティの使命です。

透明な永遠 (エタニティ) の中へ

日本人の好きな色は断トツで青・ブルーです。実は世界中のほとんどの国でブルーが一番人気のある色という調査結果が出ています。特に暑い季節はブルーが涼しげに映り魅力的です。ブルーは空気や水といった透明なものを連想させる色でもあります。水のピューリティとダイヤモンドのクラリティ、透明なものは永遠につうじているようにも感じられます。

こんなジュエリーを身に着けてみたいとインスピレーションがわいたなら、ぜひエタニティにご相談ください。エタニティは代表自らがジュエリー職人として長いキャリアを積んでおり、ダイヤモンドの全てを研究しています。エキスパートとしてお客様が一つも疑問を残さないように、丁寧にコンサルティングを行っております。最初の石選びからはじまるオーダーメイド制作は楽しい経験とのお声も届いております。

メールやLINEでのリモートのご相談やWeb注文もご来店いただくのと同じサービス内容で対応しておりますので、お気軽にお問い合せください。素敵な出会い、お待ちしております。