この季節、どこからともなくいい香りが漂ってくると思えば、それは梔子(くちなし)の花。いっせいに咲きはじめるとなんともいえない芳香を放ちます。

梔子は多くの国で家の庭やまわりに植える木として人気があります。香りもさることながら、花の姿の美しさも見る者を魅了します。毎年、夏を告げる梔子の香りは懐かしさとともに、さまざまな想い出を回想させるムードがあります。あの夏の日、あの場所にいた人、流れていた曲、グラスに注がれたリキュールの色・・・。

梔子の香りのように、身に着けた人を想い出の場所に連れて行くジュエリーもきっとあるでしょう。今回はムードのある女性に愛されるエタニティおすすめのリングをご紹介します。

梔子の魅力

常緑低木の梔子は冬でも緑を失わず、ガーデニングに人気があります。花言葉は「しあわせです」「洗練」「エレガンス」、白いビロードのような花びらをいく重にもかさねた花には、凛とした気品がうかがえます。

一度出会ったら忘れられない梔子の香りも、甘さの中に異国情緒を感じるような不思議なトーンがあります。過剰に主張せず、しかしどんな花より存在感のある芳香を放つのが梔子の魅力でしょう。

また古来より梔子は薬草としても役立つものでした。果実には抗菌、鎮静作用があり、眼精疲労にも効果があるといわれています。名実ともにパワーのある梔子です。

エタニティではすべてのご注文をオーダーメイドで製作しております。世界に一つしかない自分だけの特別なリングを、というお洒落なこだわり派の方には、手書きのスケッチや雑誌の切り抜き、お気に入りの写真などから自由にデザイン・製作いたします。

エタニティのエキスパートは長年の経験と熟練した技術をそなえた審美眼から美しさと着け心地を最優先で考え、ひとつひとつのリングにコンセプトや願いをこめて製作しています。

デザインの最初から考えるプロセスはとても楽しく、ぜひ体験していただきたいと思います。まずはエタニティのエキスパートまでお気軽にご相談ください。

Lady Dayが愛した花

ジャズ史上最高のシンガーと称されるビリー・ホリディは、髪に梔子の花を飾って歌いました。梔子は彼女のトレードマークでした。ある時、ヘアアイロンで髪を焦がしてしまい、急場しのぎに楽屋にあった梔子の花を髪に着けて隠したのがはじまりだという話もあります。

彼女の褐色の肌に白い梔子はこの上なく似合っていました。人種差別が根強かった時代に『奇妙な果実』を歌い、決して世間の風潮に迎合することなく自分の音楽を貫いたビリー、愛称Lady Dayの”Lady”は毅然とした女性への尊称でもあったのです。

圧倒的な表現力、壮絶としか言いようのない人生が滲み出る彼女の歌は、聞く者に鬼気迫るある種の「凄み」があります。梔子はビリーが着けてますます、凛として美しく見えるのでしょう。

不幸なこともあった人生だったけれど、ビリー・ホリディの名は数々の名曲とともに音楽史に咲きつづけています。

エタニティは、半分がエメラルドカット、もう半分がラウンドブリリアントカットのダイヤモンドをあしらった個性的なリングをつくりました。エメラルドカットはダイヤモンドの透明感を引きたたせ、ブリリアントカットは反射の美しさを最大限に引き出します。

どの角度からでも輝きを放つフルエタニティリングならではの魅力に爽やかさと重厚な高級感が加わった、どの年代の方にも着けていただけるリングです。ダイヤモンドは厳選されたハイクオリティの石だけを使用しています。特別な日、特別な場で凛として光る気品は見る人の記憶にも残るでしょう。エタニティが自信をもっておすすめする一品です。


映画の象徴的アイテムの花

梔子の花が象徴的な役を演じている映画といえば『旅情』です。キャサリン・ヘップバーンがを演じるアメリカ人女性が憧れのベニスへ一人旅に来るところからストーリーがはじまります。

見るもの聞くものみな素敵で旅を満喫していますが、仲のよさそうなカップルを見ると独りの自分がちょっと寂しい気分に。キャリアもあり自立した女性だけどロマンスには一歩踏み出せないでいます。そんな彼女の前に素敵な男性が現れます。ロマンチックなデートで彼から梔子の花をもらいますが、運河に落としてしまいます。いろいろなことがあった後、ついに彼との恋に身を投じる彼女。でも別れることはわかっていました。

ラストシーンで、追いかけてきた彼が彼女に渡そうとして渡せなかったのは梔子でした。列車の窓から身を乗り出して手をふる女性の顔に涙はなく、一つの夢を叶えた清々しさが切なさと一緒にあらわていました。ベニスは彼女にとって生涯忘れられない想い出、梔子の異国情緒を誘う香りがよみがえるにちがいありません。

両側がストレートになったバケットカットのダイヤモンドを、レール留めトロワキャロール(3/4ハーフエタニティ)にした個性的なリングです。涼やかな透明感のあるシンプルなデザインは主張しすぎることなく、しかし見るほどに存在感が感じられます。咲きかけの花のような清々しいムードは、知的で洗練されたお洒落を好む女性に愛されるでしょう。ロマンチックな予感のする時、身に着けて欲しいリングです。

トロワキャロールは手のひら側以外はダイヤモンドが見えて、フルエタニティのように華やかです。そして手のひら側にダイヤモンドはないため普段使いもできます。また、リングの幅や石の数はお好みに合わせて変えることができますので、ぜひ相談ください。

香りの記憶 輝く一片

嗅覚は記憶と密接に関係しています。五官の中で嗅覚からの情報だけが、直接記憶や情動を司る脳に伝達されるのです。梔子の香りがしあわせな想い出を呼び覚ますなら、しあわせな日のその場所に梔子が匂っていたはず。

米国では、男性が女性をダンスパーティに誘う時に贈る花が梔子だったようです。意中の女性を射止められたら、その男性にとって梔子は特別のものになります。女性にとっても、香りをかぐ度に特別の想い出がよみがえるでしょう。

想い出の日、想い出の場に在ってほしいリング、その方にとって特別な意味もつジュエリーでありたいという願いをこめて、エタニティではすべての品をオーダーメイドで製作しております。当社のエキスパートの目から見て満足できない品物は満足できるまで何度でも原型の作り直しをすることもあります。特別な意味をもつジュエリーをご提供するには、製作側に高いクリテリア(基準)が要求されます。後悔しないリング選びのため、お一人づつ丁寧にコンサルティングを行っております。

メールやLINEのリモートのご相談やWeb注文もご来店いただくのと同じサービス内容で対応させていただきますので、どうぞお気軽にお問い合せください。