「若い時に買ったジュエリーが似合わなくなったかな?」「もっと綺麗なジュエリーを買っておけば良かった」・・・歳を重ねるに連れ、そのように感じることはないでしょうか?

50代は、若い時になかった大人の女性の魅力が存分に発揮される年代です。フランスでは「女性とワインは時間を経て成熟してくる。」ということわざがあります。シャネルスーツは年齢を重ねたミドル世代からが、真に味わいのある着こなしができるといわれています。それはきっと、シャネルスーツが似合う女性になるような努力を年とともに重ねてきたからなのでしょう。

ダイヤモンドは最高の透明度を持つ石です。着ける人をこれほどダイレクトに反映する宝石も他にないでしょう。年齢を重ね熟成された魅力がダイヤモンドの輝きと引き立て合う素敵な方に着けてほしいジュエリーがあります。ここでは、若い頃から品質の良い物を選ぶと歳を重ねてからも愛用できる事を念頭に、人生経験の豊富さ・包容力が輝きとなってあらわれる50代に似合うお勧めのエタニティリングを紹介します。

なぜ若い時のリングが似合わないと感じるようになるのか?

「昔はいいと思っていたけど、最近なんだかしっくりこない。」・・・ 50代になると昔はお気に入りだったリングをそう感じることは良くある事と思います。

若い時はどんなリングでも様(さま)になって映りますが、年齢を重ねると高品質で高級感のあるものでないと似合わなくなってきます。

また若い時とは雰囲気も変わり、似合うファッションが変わるように、気に入って着けていたファッションリングが似合わなくなるのも自然なこと。それこそ、若い頃はジュエリーの美しさや高級感までこだわる様な考えはなかったかも知れません。

ダイヤモンドという高価な物だからこそ末永く愛用するリングを選んでほしい、エタニティは若い方にも同じ想いを持っており、どの年代の方でも生涯愛用していただける高品質のリングをおすすめしております。

50代に似合うエタニティリングとは?

◆品質重視の美しい輝き

一生物のジュエリーを日常に。いくら大きくても輝きのないダイヤモンドでは心から楽しむ事はできず意味がありません。当社エタニティでは、大きさに捕らわれず品質重視で小さくても輝きが美しい高級感のある物をお選びいただくようおすすめしております。美しいダイヤモンドはその高級感と存在感から最高の満足感を得られる事でしょう。

しかし、同じ品質のダイヤモンドを大きさで悩まれた場合は、無理のない範囲で迷わず大きい方をお選びいただく事を心よりおすすめいたします。確かに上を見ればきりがありません。ご自身の手に合った程よい大きさ、無理のない範囲で大きめの石や幅広のデザインを選んでも良いでしょう。心残りがあると、いずれやっぱり大きい物を・・・となり今回のお買い物が無駄になってしまいます。

当社エタニティでは、ソーティング付きの他に、ダイヤモンドは品質別に下記の3タイプをご用意致しております。どんなに小さなダイヤモンドでもGIAの4C評価基準をもとにハイブランド品質で厳選しておりますので、一般的な格安製品とはリングの作りや石の美しさも比べ物にならないほどの差がございます。ソーティング付きの場合でも基本的な考え方や選定基準は同じです。

1.HC) Fカラー / VS1 / Excellent(H&C) 相当 (海外ブランドジュエリー以上)
2.VS) Fカラー / VS1 / Very Good 相当 (海外ブランドジュエリー同等)
3.SI) Fカラー / SI1 / Very Good 相当 (準ブランド品質)

また、こだわりはダイヤモンドだけではありません。エタニティではお客様に心からご満足いただくために、着け心地や重厚感を考慮した設計から石の留め方まで細部にわたりたくさんのこだわりがございます。ダイヤモンドのこだわりを含め詳しくは下記、ページも合わせてご確認いただけますと幸いです。

 

ミドル世代に人気のあるレール留めフルエタニティリングの一品は3.00mmと大きめのラウンド・ブリリアントカットダイヤモンド、最高級の品質です。ゆったりと幅のある贅沢さは、どのような場でも着ける人の魅力を存分に引き立てます。

リングは全体的にフラットな作りのため、衣類への引っかかりなどの心配も少なく、見た目は華やかながらも普段使いしやすいエタニティリングとなっております。また、リングは強度や耐久性だけでなく、着け心地や高級感にも配慮した、十分な量の地金を使用しており、見えない部分も手を抜かず細部までこだわって設計した肉厚な創りのリングは高い存在感でダイヤモンドの美しさも引き立ちます

見た目だけでなく、実際に身に付けたときにもリングの重みをしっかりと感じられ、ブランドジュエリーならではの高級感を体感していただけることでしょう。

◆高級感

50代は仕事ではすでに相応のキャリアと信頼を築いている年代、また長年家庭を支えてきた貫禄もうかがえます。

仕事でも家庭でも社会的にステータスが認められるのと並行して、式典や記念行事といったフォーマルな場へ行く機会が多くなります。格式ある場にふさわしい高級感のあるリングを持っていると、どんな時でも安心です。

また普段に着けるリングも年齢にふさわしいものが全体をバランスよく見せるので、50代の方にはダイヤモンドの美しい高品質で高級感のあるリングをおすすめいたします。

◆重厚感

50年といえば半世紀、時が熟成する余裕と包容力のあるたたずまいは、若い時に手に入るものではありません。

「自分もあんな風に年齢を重ねたい。」 人生経験を積んだ方の持つ存在感は、若い方から見ていつも憧れの的です。

魅力的な50代には、高級感があり重厚な輝きをもつダイヤモンドがよく似合います。ゆとりのある心がまわりに安心感を与え、内面からの輝きがしっとりと増してくる年代。そのような方が身に着けるからこそ、ダイヤモンドがたまらなく素敵に映るのでしょう。

50代でエタニティリングを買うと得する?

若い時に似合っていたリング、婚約指輪・結婚指輪などは、自分だけの思い出がつまった大切なものです。それでもやはり、細くて華奢なリングより今の自分に似合うものを身に着けたいと思う気持ちは否定できないかもしれません。

実は、50代はエタニティリングを求めるにはいい節目といえます。理由は若い時と違い、手や指がもうこれからそれほど大きく変わることはなくなるからです。

また年齢と共に増していく貫禄にはゴージャスで重厚感のあるものが似合うので、今出会ったお気に入りのエタニティリングは、その後もずっと身に着けていけます。

以上の理由から、50代でエタニティリングを買うのはお得と自信を持っておすすめできます。

50代、どんな時にエタニティリングを買いますか?

この年代になると、人生のさまざまな面で節目を感じることが多くなります。自分の生きてきた時間をふり返る時、今立っているところから未来を見つめる時、なにか心にとどめおくものがほしいと思うのは自然な感情ではないでしょうか。

キャリアのマイルストーン

仕事に打ち込んできた年月には、自分だけが知っている苦労や喜びが数えきれないほどあります。

社会人になりたての初々しかった自分、チームみんなで難しいプロジェクトを乗り切った年、若い人の上に立つポジションになって知ったリーダーの苦悩と充実感・・・

指にはめられたエタニティリングは、一生懸命だった日々を思い出し、真剣に頑張った自分を労い、今まで築いてきたキャリアを誇りに感じさせる人生のマイルストーンになります。そしてなにより、これからの自分にエールを送ってくれる存在にもなるでしょう。

ダイヤモンドの硬質な輝きは自信となり、身に着ける方をいつも応援しています。

子供が独立

手塩にかけて育てた子供達も巣立って行き、嬉しいようなちょっと寂しいような気持ちを経験するのもこの年代が多いのではないでしょうか。

でも、それと引き換えに自分だけの自由な時間が持てるようになるのも50代の特徴です。

「ずっと興味のあった習い事をはじめてみようかしら。」

「気の合う友達とお出かけしたい。」

カジュアルな場でもさりげない中に高級感の漂うリングは、自分を演出するお洒落として見る人の目を引きます。50代のエタニティリングは気持ちをリフレッシュし、新しい世界が広がる時を象徴するものになるでしょう。

結婚生活をふりかえる

結婚生活、50代はそろそろ銀婚式(結婚25年目)を迎える年代。長い間生活を共にしてきた喜びの証、旦那様から奥様への労い、そして末長く幸せな結婚生活への願いをこめて、エタニティリングを贈るのはいかがですか?

二人だけが知る人生の機微や心にのこる出来事の一つひとつが、エタニティリングのダイヤモンドになって集結しているようにすら思えます。

一度しか通らないそれぞれの結婚記念日、エタニティリングでまた一つ幸せな思い出をご夫婦で分かち合ってみてはいかがでしょう。

エタニティが選ぶ50代に似合うリング

・Full PaveEternity Ring

高品質のメレダイヤを贅沢に使用したパヴェエタニティリングは、まさに究極のダイヤモンドジュエリーです。パヴェとは「敷きつめる」というフランス語、厳選された石を敷きつめ、ため息の出るような輝きを放つリングをつくりました。豊かな人生経験と知性、成熟した魅力をたたえる大人の女性にふさわしいエタニティリングです。

直径2.1~2.3mm のメレダイヤのクオリティは選び抜いた最高級の「Fカラー / VS1 / Excellent(Heart & Cupid™) 相当」、すべての石が全方向にきらめくフルパヴェエタニティリングは、ダイヤモンドの魅力が凝縮された華麗な一品です。

・Full Eternity Ring

「直径3.0mm・Fカラー / VS1 / Excellent(Heart & Cupid™) 相当」のダイヤモンドを使用した最高級グレードのフルエタニティリング。共有爪留め、海外ブランド品以上の品質であるラウンド・ブリリアントカットダイヤモンドを贅沢に並べました。

ゴージャスな存在感はどんな格式ある場でも見劣りすることなく、ダイヤモンドの美しさを最大限に発揮しているエタニティリングです。年齢を重ねて内面から輝く大人の女性に、重厚な高級感をご満足いただけるでしょう。エタニティが自信を持っておすすめする一品です。

また、美しいダイヤモンドをセッティングするリングは、強度や耐久性を考慮するだけでなく、着け心地や高級感にも影響する大切な部分のために、十分な量の地金を使用し目に見えない部分でも手を抜かずに細部まで設計にごだわり心を込めて創り上げています。十分な地金を使用した肉厚な創りのリングは存在感も高くブランドジュエリーならではの重量感と高級感を感じる事と思います。

・Half Eternity Ring

フルエタニティリングは手のひら側までダイヤモンドがセッティングされて気になると言う方には、こちらのハーフエタニティリングがおすすめです。ハーフと言っても半分だけのダイヤモンドでなく全体の3/4にダイヤモンド配置したデザインはフルエタニティに見えるハーフエタニティで、フォーマルな場でも充分着けていただけるエレガントなリングです。

「直径3.0mm・Fカラー / VS1 / Excellent(Heart & Cupid™) 相当」のラウンド・ブリリアントカットダイヤモンドを使用、さりげないお洒落の中にも年齢にふさわしい高級感があります。フルエタニティリングと同様に、ブランドジュエリーならではの重量感と高級感を重視し細部までにこだわり創り上げている自信を持ってお勧めできる一品です。

・オーダーメイドショップならではの完成度

当社エタニティには既製品の概念はございません。エタニティリングを含め全ての製品は、細やかなご要望をお伺いした上で原型から製作をいたしており、完全オーダーメイドで大切な宝物をお創り致しております。お客様にとって、たった一つの特別な宝物は全ての想いを込めてかたちに致します。

エタニティでは、一番コストのかかるデザイン設計及び原型制作費などの特別な代金をいただく事はございません。

人生の大きな節目を記念するダイヤモンドリング、自分らしさを表現するこだわりは自信でもあります。ダイヤモンドエキスパートが、ジュエリーのご相談をお待ちしております。

エタニティから魅力的な50代の方々へ

今回は50代に似合うダイヤモンドリングをテーマにお送りいたしました。

若い時に愛用していたリングが似合わなくなったと感じることはよくある事と思います。理由はさまざまですが、やはり一番大きいのは、年齢にふさわしい高級感のある高品質のものでないと雰囲気に合わなくなるからでしょう。一度だけの高価なお買い物、エタニティではお客様のご希望をしっかりうかがい、末永く身に着けられるリングをおすすめしております。

また、エタニティでは、この様に「似合わなくなった」とならない様に年齢問わず、心から満足できる美しい一生物のジュエリーをお選びいただくようおすすめしております。

エタニティは代表自らがジュエリー職人として長いキャリアを積んでおり、ダイヤモンドの全てを研究してきました。職人の厳密な目で高品質のダイヤモンドのみを選りすぐり、ダイヤモンドエキスパートとしてお客様が一つも疑問を残さないように、丁寧にコンサルティングを行っております。

職人経験から緻密な設計ができる事と、職人へ的確な指示を与え、お客様に満足していただける品物を完成させるためには何度ものやり直しも厭わず、納得してお買い上げいただくよう専念してまいりました。

お陰様をもちまして、エタニティはお買い上げくださったお客様方から、たいへん高い評価をいただいております。メールやLINEのリモートのご相談やWeb注文もご来店いただくのと同じサービス内容で対応させていただきますので、ぜひお気軽にお問合せください。

エタニティで生涯愛用するダイヤモンドを見つけていただけたなら、ダイヤモンドエキスパート兼社代表としてこれ以上の喜びはありません。