同じ「SIグレード」のダイヤなのに輝きが違う、ただ1つの理由

エタニティが取り揃える3タイプ(3つのクラス)のダイヤモンド

エタニティでは、ダイヤモンドの品質には特にこだわり、1石づつ厳しくチェックをして選び抜いた下記の3タイプをご用意しております。

・(Fカラー、SIクラス、VGカット)相当の「SI」クラス
・(Fカラー、VSクラス、VGカット)相当の「VS」クラス
・(Fカラー、VS、EXカット[H&C])相当の「VS、H&C」クラス

職人として長年にわたってダイヤモンドに携わり「美しいダイヤモンドをお届けしたい」という想いは高まるばかりです。おのずとエタニティは4Cだけでは評価できない輝きにこだわるショップとなりました。

ダイヤの品質を語る基準は、一般的には4Cです。でも、輝きの要素は4Cだけでは決められません。例えば、輝きに影響する場所にインクリュージョン(内包物)があったとしたら?インクルージョンの有無は4Cに影響しますが、位置は4Cの評価には影響がありません。同じグレードのダイヤモンドなのに、輝きの美しいものとそうではないものが存在するのは、このような理由からです。

エタニティでは厳しい輝きの基準を設け、自分の目で仕入れを行い、お客様の手に渡る直前まで何度もルーペで確認しながら一点一点検査を行っています。目で見てダイヤを選ぶことによって、例えばSIグレードでも、より輝きの強い良質のSIグレードだけを取り揃えることは可能です。エタニティでは、​その様な中から間違いのない最高の輝きを持つダイヤにこだわり、お客様のもとへお届けいたします。

メレダイヤが強く美しい輝きを放つ理由は

一般的には0.1Ct前後のダイヤモンドを鑑定することはありませんので、メレダイヤを4Cで評価することはありません。しかしエタニティでは、エタニティリングやクロスペンダント、メインの石の他に使うメレダイヤなど鑑定書の発行ができないダイヤモンドでも同じく中央宝石研究所及びGIAのグレーディング基準に基づいて厳しい選定を行っています。直径1mmのダイヤモンドでも、どんなに小さなダイヤモンドでも厳しい基準を設け、ルーペで1点1点確認し、4段階のグレードに分けてご提案しています。また、前述のとおり、輝きに影響する場所にインクリュージョン(内包物)がないものを選んでいます。

同じグレードのダイヤなのに、エタニティのダイヤモンドは輝きが違うただ一つの理由、それは目で見て厳選したダイヤだけを扱っていることです。サイズは小さくとも強く美しい輝きを、ぜひ実感していただきたいです。

お店では、お客さまにダイヤの中まで専用のスコープで見ていただき、輝きを確認してご購入いただいております。通常は10倍の拡大ルーペの規定がございますが、エタニティでは20倍ルーペを基準としています。ご来店が可能な方は、ぜひ一度、お越しください。